「汎用」の読み・正しい意味とは|使い方を例文で解説

「パソコンのショートカットキー【Ctrl】+【Z】は汎用性が高い」

「麺つゆは色んな料理で汎用しています」

このように『汎用はんよう』という言葉は様々な場面で使われる言葉です。ビジネスシーンではもちろん、日常生活の中でも頻繁に耳にすると思います。

しかし汎用の意味をよく知らない人や読みを間違う人は少なくありません。

特に凡庸ぼんよう平凡へいぼんの『凡』のイメージが強いため、汎用を【ぼんよう】と読んでしまう人も多いのではないでしょうか。しかし『汎』と『凡』は読みも意味も全く異なります。

さて、今回は汎用の正しい意味や使い方について詳しく解説していきます。

「「汎用」の読み・正しい意味とは|使い方を例文で解説」の続きを読む →

【難読漢字クイズ100選】知っているのに読めない漢字

一般的に読みが難しい漢字、熟語のことを難読漢字と言います。

単純に語彙力がある人だけが知っている言葉、日常的に使われない言葉などもこれに当たりますが、難読漢字の中には日常的に使われる言葉なのに漢字にすると読めないものもたくさんあります。

今回は知っているのに読めない難読漢字をジャンル別に100個クイズ形式で出題するので、ゲーム感覚で楽しんでください。

「【難読漢字クイズ100選】知っているのに読めない漢字」の続きを読む →

「恣意的」の意味や使い方を例文で解説|「意図的」との違いとは?

「委員会のメンバーが恣意的しいてきに選ばれた疑いがある」

このように『恣意的しいてき』という言葉はニュースなどで見かける機会はありますが、日常的に頻繁に使われるわけではないので正しい意味を知らない人も多いと思います。

文脈からマイナスのニュアンスがあり『意図的』や『作為的』などの意味合いで捉えている人も多いのではないでしょうか。

今回は『恣意的』の正しい意味や使い方について解説していきます。

「「恣意的」の意味や使い方を例文で解説|「意図的」との違いとは?」の続きを読む →

「周知」の意味・正しい使い方を例文で解説|「衆知」との違いとは

「重要な連絡を朝礼で周知させる」

「我が社が地域に貢献をしているのは周知の事実」

『周知』とはこのように色々な使い方ができ、非常に汎用性の高い言葉です。

ただしそんなに頻繁に使う言葉というわけでもないため、正しい使い方ができているのか自信を持てない人も多いと思います。

たとえば「周知させる」はよく聞くけど「周知する」という使い方は誤用ではないないのか、『衆知』との違いは何なのか、目上の人に使う場合どう使えばいいのか、などなど。

今回、『周知』の正しい意味や使い方などを詳しく解説していきます。

「「周知」の意味・正しい使い方を例文で解説|「衆知」との違いとは」の続きを読む →

「失笑」の正しい意味と誤用について|例文で使い方を解説

「芸人の体を張ったボケはお茶の間を引かせてしまい、失笑を買っただけだった」

このようにあきれて笑いを失うという意味合いで『失笑』という言葉は使われることが多いです。過去の文化庁の調査では60%もの人がこのような意味だと認識しているとのこと。

しかし実際には上記は明らかな誤用です。

今回は『失笑』の正しい意味や使い方について解説していきます。

「「失笑」の正しい意味と誤用について|例文で使い方を解説」の続きを読む →

「圧巻」正しい意味・「圧倒」との違い|使い方を例文で解説

「圧巻のパフォーマンスで金メダルを獲得した」

『圧巻』はこのように漠然と“優れている”という意味で使っている人は多いのではないでしょうか?しかしそれは『圧巻』の正しい使い方とは異なり、本来使うべきなのは『圧倒』です。

また素晴らしい景色であることを表現する際に、『壮観』と間違って「圧巻の景色」という風に使う人も多いです。

では『圧巻』の正しい意味や使い方はどういったものなのか。今回詳しく解説していきます。

「「圧巻」正しい意味・「圧倒」との違い|使い方を例文で解説」の続きを読む →

「破天荒」の正しい意味と誤用について|例文で使い方を解説

「彼はカップ麺をそのまま食べる破天荒な人物だ」

『破天荒』という言葉はこのように、人の行動・性格を「豪快」「大胆」と形容する際に使われることが多いです。

しかし実は、本来『破天荒』にそんな意味はなく、明らかな誤用とされています。

文化庁の調査により64.2%の日本人がこのような誤解をしていたため、この誤用はかなり浸透していると言っていいでしょう。

さて、今回は『破天荒』の正しい意味や使い方について詳しく解説していきます。

「「破天荒」の正しい意味と誤用について|例文で使い方を解説」の続きを読む →

「姑息」の正しい意味と誤用について|例文で使い方を解説

「彼は勝ちにこだわるあまり、姑息こそくな方法ばかり使う」

このように『姑息』は「卑怯」というような意味で使われることがありますが、実は誤用です。

最近では間違いやすい日本語としてよく取り上げられるため周知されてきましたが、かつては文化庁の調査で70%もの人が間違えて覚えていたことが判明しました。

今回は『姑息』の意味や正しい使い方に加え、なぜ誤用さているのかなど詳しく解説します。

「「姑息」の正しい意味と誤用について|例文で使い方を解説」の続きを読む →

「敷居が高い」の正しい意味と誤用について|例文で使い方を解説

「庶民にとって、セレブ御用達のお店は敷居が高い」

『敷居が高い』という言葉はこのように「レベルが合っていないため入りにくい」というような意味合いで使われることが多いです。

しかしそれは本来の意味合いとは違うというのはご存知でしょうか?

今回は『敷居が高い』という言葉の本来の意味や使い方など詳しく解説していきます。

「「敷居が高い」の正しい意味と誤用について|例文で使い方を解説」の続きを読む →

「俯瞰」の意味・読み方・使い方|「俯瞰で見る」「上から俯瞰する」は誤り?

『俯瞰』はあらゆる場面で用いることができる単語です。

しかし日常生活において頻繁に使う言葉でもないため、今まで聞いたことがないという人も一定数いるでしょう。

そこで今回、『俯瞰』の意味や使い方について詳しく解説していきます。

「「俯瞰」の意味・読み方・使い方|「俯瞰で見る」「上から俯瞰する」は誤り?」の続きを読む →

「以降」の正しい意味・使い方|範囲は当日を含むのか?

「来月の1日“以降”にお越しください」

このように言われたとき、少し悩む人は多いのではないでしょうか?

以降は当日を含むのか否か。1日に訪ねていいのか、それとも2日まで待って訪ねないといけないのか。

結論を言うと以降は基準を含むので、1日に訪ねても構いません。

今回は『以降』という言葉について解説していきます。

「「以降」の正しい意味・使い方|範囲は当日を含むのか?」の続きを読む →

「役不足」の正しい意味と使い方|誤用や「力不足」の使い分けについて解説

 

『役不足』は日常生活においていろんな場面で使える便利な言葉です。

しかしこの言葉は誤用が多い日本語としても有名なため、間違えて使って恥をかいたという人も多いのではないでしょうか。

今回は『役不足』の正しい意味や使い方などを解説していきます。

「「役不足」の正しい意味と使い方|誤用や「力不足」の使い分けについて解説」の続きを読む →

「黄昏」の読み方・意味|「黄昏時」の時間とはいつのこと?

『黃昏』という言葉は日常生活の中では単独で使われることはほとんどありませんが、「空が黄昏たそがれる」と言ったり、特定の時間帯を「黄昏時たそがれどき」と言ったりします。

また「夕日を見て黄昏れる」など、“物思いにふけっている”という風に誤用されることも多い言葉でもあります。

今回は黄昏の正しい意味や使い方、黄昏時の時間や由来など詳しく見ていきましょう。

「「黄昏」の読み方・意味|「黄昏時」の時間とはいつのこと?」の続きを読む →

「製作」と「制作」と「作製」と「作成」の違い|使い分け方を解説

「ものを作ること」

これを言い換えると「制作」「製作」「作製」「作成」の4つの言葉が候補として出てきますが、これらはどのように使い分けたら良いか分からない人も多いと思います。

そこで今回、これらの違いを具体例を出して分かりやすく説明していきます。

「「製作」と「制作」と「作製」と「作成」の違い|使い分け方を解説」の続きを読む →

「伯母」と「叔母」の違いを図解|『おばさん』の漢字はどちらを使うべきか?

父親、または母親の姉や妹に当たる人物を『おばさん』と言います。

しかしこれを感じに変換する時、主に「伯母さん」と「叔母さん」二つの候補が出てきます。(小母さんという漢字もあり)

では、これらはどう使い分ければ良いのか、これらの違いは何なのか、詳しく解説していきます。

「「伯母」と「叔母」の違いを図解|『おばさん』の漢字はどちらを使うべきか?」の続きを読む →

「伯父」と「叔父」の違いを図解!使い分け方を解説します

“おじ”とは、自分の母親または父親の兄弟のことを指しますが、「伯父」と「叔父」の二種類の漢字があります。

実は、これらはどちらでもいいわけではなく、きちんと使い分けなければいけないのです。

そこで今回はこれらの違いを図を使って簡単に説明します。

「「伯父」と「叔父」の違いを図解!使い分け方を解説します」の続きを読む →

「明鏡止水」の意味や由来&使い方を例文で解説

「明鏡止水」は漢字や語感がかっこいい言葉ですが、日常でも比較的使われる言葉です。

ただ、正確な意味を知らない、そしてなんとなく難しそうと思っている人は多いと思います。

実際には意味は明瞭で分かりやすい言葉なので、是非この機会に正しい意味や使い方を理解しておきましょう。

「「明鏡止水」の意味や由来&使い方を例文で解説」の続きを読む →

「情けは人の為ならず」の本当の意味と誤用&例文で使い方を解説

image

「情けは人の為ならず」

この言葉は、簡単に言えば『人に情けをかけろ(親切にしろ)』という意味です。

しかし、実際には『人に情けをかけてはいけない』という間違った意味で捉えられがちです。

今回はこのことわざについてしっかり解説していきます。

「「情けは人の為ならず」の本当の意味と誤用&例文で使い方を解説」の続きを読む →

「なおざり」と「おざなり」の意味の違い|例文で使い方を解説

「あのお店は〇〇なクレーム対応しかしない」
「あのお店のクレーム対応は〇〇だ」

これらの文章の〇〇には『なおざり』と『おざなり』どちらを入れるのが適当でしょうか?

考えているうちにゲシュタルト崩壊してしまいそうですが、これらは日常会話で使うには中々難易度の高い言葉ですね。

今回、これらの言葉を日常会話で使いこなせるようになるために、詳しく解説していきます。

「「なおざり」と「おざなり」の意味の違い|例文で使い方を解説」の続きを読む →

「確信犯」の本当の意味と誤用&例文で使い方をご紹介

image

「プリンにはでっかく名前が書いてあったから気付かないはずがない。だからそれを食べた彼は“確信犯”だ」

世間一般では、このように意図的に犯行を行った人のことを確信犯と言いますが、本来これは間違った使い方であることをご存じでしょうか?

今回は本来の確信犯の意味や使い方をご紹介し、誤用の方を使うべきか否かについて言及していきます。

「「確信犯」の本当の意味と誤用&例文で使い方をご紹介」の続きを読む →