2019年は亥年!干支の「己亥」の特徴や意味について解説

2019年の干支は十二支で言うところの「亥年(いどし)」ですが、正確に干支を表すと「己亥(つちのと・い)」です。

干支は実生活において年以外にも「丑三つ時」や「土用丑の日」などの時間や暦などを表すこともありますが、一方で運勢や性格、相性などの占いなどにも使われます。

今回は2019年の干支「己亥」における特徴について解説していきます。

「2019年は亥年!干支の「己亥」の特徴や意味について解説」の続きを読む…

「失笑」の正しい意味と誤用について|例文で使い方を解説

「芸人の体を張ったボケはお茶の間を引かせてしまい、失笑を買っただけだった」

このようにあきれて笑いを失うという意味合いで『失笑』という言葉は使われることが多いです。過去の文化庁の調査では60%もの人がこのような意味だと認識しているとのこと。

しかし実際には上記は明らかな誤用です。

今回は『失笑』の正しい意味や使い方について解説していきます。

「「失笑」の正しい意味と誤用について|例文で使い方を解説」の続きを読む…

「圧巻」正しい意味・「圧倒」との違い|使い方を例文で解説

「圧巻のパフォーマンスで金メダルを獲得した」

『圧巻』はこのように漠然と“優れている”という意味で使っている人は多いのではないでしょうか?しかしそれは『圧巻』の正しい使い方とは異なり、本来使うべきなのは『圧倒』です。

また素晴らしい景色であることを表現する際に、『壮観』と間違って「圧巻の景色」という風に使う人も多いです。

では『圧巻』の正しい意味や使い方はどういったものなのか。今回詳しく解説していきます。

「「圧巻」正しい意味・「圧倒」との違い|使い方を例文で解説」の続きを読む…

「破天荒」の正しい意味と誤用について|例文で使い方を解説

「彼はカップ麺をそのまま食べる破天荒な人物だ」

『破天荒』という言葉はこのように、人の行動・性格を「豪快」「大胆」と形容する際に使われることが多いです。

しかし実は、本来『破天荒』にそんな意味はなく、明らかな誤用とされています。

文化庁の調査により64.2%の日本人がこのような誤解をしていたため、この誤用はかなり浸透していると言っていいでしょう。

さて、今回は『破天荒』の正しい意味や使い方について詳しく解説していきます。

「「破天荒」の正しい意味と誤用について|例文で使い方を解説」の続きを読む…

「姑息」の正しい意味と誤用について|例文で使い方を解説

「彼は勝ちにこだわるあまり、姑息こそくな方法ばかり使う」

このように『姑息』は「卑怯」というような意味で使われることがありますが、実は誤用です。

最近では間違いやすい日本語としてよく取り上げられるため周知されてきましたが、かつては文化庁の調査で70%もの人が間違えて覚えていたことが判明しました。

今回は『姑息』の意味や正しい使い方に加え、なぜ誤用さているのかなど詳しく解説します。

「「姑息」の正しい意味と誤用について|例文で使い方を解説」の続きを読む…

「敷居が高い」の正しい意味と誤用について|例文で使い方を解説

「庶民にとって、セレブ御用達のお店は敷居が高い」

『敷居が高い』という言葉はこのように「レベルが合っていないため入りにくい」というような意味合いで使われることが多いです。

しかしそれは本来の意味合いとは違うというのはご存知でしょうか?

今回は『敷居が高い』という言葉の本来の意味や使い方など詳しく解説していきます。

「「敷居が高い」の正しい意味と誤用について|例文で使い方を解説」の続きを読む…

「俯瞰」の意味・読み方・使い方|「俯瞰で見る」「上から俯瞰する」は誤り?

『俯瞰』はあらゆる場面で用いることができる単語です。

しかし日常生活において頻繁に使う言葉でもないため、今まで聞いたことがないという人も一定数いるでしょう。

そこで今回、『俯瞰』の意味や使い方について詳しく解説していきます。

「「俯瞰」の意味・読み方・使い方|「俯瞰で見る」「上から俯瞰する」は誤り?」の続きを読む…

「以降」の正しい意味・使い方|範囲は当日を含むのか?

「来月の1日“以降”にお越しください」

このように言われたとき、少し悩む人は多いのではないでしょうか?

以降は当日を含むのか否か。1日に訪ねていいのか、それとも2日まで待って訪ねないといけないのか。

結論を言うと以降は基準を含むので、1日に訪ねても構いません。

今回は『以降』という言葉について解説していきます。

「「以降」の正しい意味・使い方|範囲は当日を含むのか?」の続きを読む…

「役不足」の正しい意味と使い方|誤用や「力不足」の使い分けについて解説

 

『役不足』は日常生活においていろんな場面で使える便利な言葉です。

しかしこの言葉は誤用が多い日本語としても有名なため、間違えて使って恥をかいたという人も多いのではないでしょうか。

今回は『役不足』の正しい意味や使い方などを解説していきます。

「「役不足」の正しい意味と使い方|誤用や「力不足」の使い分けについて解説」の続きを読む…

【図解】中学生でも理解できる「モンティ・ホール問題」の解説

モンティ・ホール問題とはモンティ・ホールが司会を務めるゲームショー番組で出題された、とある確率論に関するクイズ問題です。

小中学生でも理解できるくらいシンプルな問題。だけどどんなに高学歴で頭の良い人でも直感で答えたらほぼ間違えるという面白い問題です。著名な数学者ですら間違えて大騒動に発展したくらいですからね。

モンティ・ホール問題は理解できない人は何回説明されても理解できないものです。しかし実はそれは理解力に問題があるのではなく、十中八九モンティ・ホール問題の厳密なルールをきちんと把握できていないのだと思います。

ルールの解釈次第で答えが変わってくるというのが一番厄介なところ。そして簡略化されたモンティ・ホール問題ではそのルールについてきちんと説明されていないのです。

しかしモンティ・ホール問題のルールをきちんと把握してしまえば中学生レベルの数学を修めていれば理解できるでしょう。

「【図解】中学生でも理解できる「モンティ・ホール問題」の解説」の続きを読む…

「黄昏」の読み方・意味|「黄昏時」の時間とはいつのこと?

『黃昏』という言葉は日常生活の中では単独で使われることはほとんどありませんが、「空が黄昏たそがれる」と言ったり、特定の時間帯を「黄昏時たそがれどき」と言ったりします。

また「夕日を見て黄昏れる」など、“物思いにふけっている”という風に誤用されることも多い言葉でもあります。

今回は黄昏の正しい意味や使い方、黄昏時の時間や由来など詳しく見ていきましょう。

「「黄昏」の読み方・意味|「黄昏時」の時間とはいつのこと?」の続きを読む…

長寿祝いの年齢は何歳?還暦・古希・喜寿・傘寿・米寿・卒寿の読みと意味・由来

還暦祝い、古希祝い、喜寿祝いなど、特定の年齢に達すると長寿を祝うという風習が日本にはあります。

しかしそれも色んな種類があるため、それぞれ何歳なのか、どういう意味や由来があるのかなどわからないという人も多いでしょう。

そこで今回、一般的な長寿祝いについてそれぞれ解説していきます。

「長寿祝いの年齢は何歳?還暦・古希・喜寿・傘寿・米寿・卒寿の読みと意味・由来」の続きを読む…

フェーン現象とは?原理をわかりやすく図解

 

フェーン現象は日本で度々見られる現象であり、学校でも何度か習う内容です。

しかしどういう現象なのかはなんとなくわかっていても、どういう原理なのかよくわかっていない人も多いのではないでしょうか?

今回、フェーン現象の詳細や原理などを詳しく解説していきます。

「フェーン現象とは?原理をわかりやすく図解」の続きを読む…

冬将軍の意味や由来とは|冬将軍が到来する時期はいつ?

 

冬が近づいてくると天気予報などで「冬将軍が到来しました」などの言葉を聞くことがあるでしょう。

これは日本ならではの表現と思っている人は多いですが、実は語源は海外にあります。

そして日本ではただ気温が下がるだけではなく、は特定の気象現象を指す言葉として使われているのです。

今回は冬将軍の意味や由来などについて詳しく解説していきます。

「冬将軍の意味や由来とは|冬将軍が到来する時期はいつ?」の続きを読む…

秋雨・秋雨前線の時期はいつ?日本における秋の長雨のメカニズムについて解説

日本では秋に停滞前線が到来し、長い期間にわたって雨をもたらします。この雨を秋雨(あきさめ)と言い、秋に日本に停滞する前線を秋雨前線と言います。

今回は秋雨の時期や秋雨前線のメカニズムなどについて詳しく見ていきましょう。

「秋雨・秋雨前線の時期はいつ?日本における秋の長雨のメカニズムについて解説」の続きを読む…

秋晴れの時期はいつ?意味や挨拶状での使い方について解説

秋に空気が済んで晴れ渡る天気を『秋晴れ』と言います。

毎年梅雨の時期に雨の日が多くなるように、秋の特定の時期には空が抜けるような青空になることがあり、これは日本の特有の気候です。

今回は秋晴れの時期やメカニズムなど詳しく解説していきます。

「秋晴れの時期はいつ?意味や挨拶状での使い方について解説」の続きを読む…

木枯らしの意味とは?木枯らし1号の条件(時期・風速)について解説

秋も終わりかけて冬に差し掛かった頃、「木枯らし(こがらし)」や「木枯らし1号」などの言葉を天気予報などでよく耳にするようになるかと思います。

語感のよい言葉ですが、あまり意味をわかっていない人は多いのではないでしょうか?

実は日本の気候においてとある重要な意味を含んだ現象なのです。

今回は木枯らしはどんな現象なのか、どういうメカニズムで起こるのか、どういう意味があるのかなど詳しく解説していきます。

「木枯らしの意味とは?木枯らし1号の条件(時期・風速)について解説」の続きを読む…

「早生まれ」と「遅生まれ」の意味とは?それぞれのメリット・デメリットを解説

日本では1月1日~4月1日に生まれた人を『早生まれ』4月2日~12月31に生まれた人を『遅生まれ』といいます。

両者にはそれぞれ明確なメリット・デメリットがあり、自分自身「早生まれで得したor損した」「この点は遅生まれで良かったor悪かった」なんてことはあるのではないでしょうか。

こどもを生む親の目線からもメリット・デリメットがあるため、ある程度時期を狙って子作りをする人も多いです。

今回は早生まれ・遅生まれの概要や良いところ悪いところなどを解説していきます。

「「早生まれ」と「遅生まれ」の意味とは?それぞれのメリット・デメリットを解説」の続きを読む…

三寒四温の意味や使い方|挨拶状で使う時期・季節はいつ?

三寒四温(さんかんしおん)という言葉は天気予報や、時候の挨拶の中で使われたりしますが、具体的にどういうものを指すのかわからない人は多いと思います。

本来は中国の東北部や朝鮮半島などの特徴的な気象現象を指す言葉なのですが、日本においては本来の意味とは異なる使われ方をしているのです。

今回は本来の意味と合わせてどういう風に日本で使われているのか、また、気象現象の詳細についても説明していきます。

「三寒四温の意味や使い方|挨拶状で使う時期・季節はいつ?」の続きを読む…

春一番の意味や由来とは?時期と風速により定義されていた!

冬の寒さのピークを過ぎた頃、日本では暖かな風が吹き込み気温が上がる現象が起こることがありますが、この時の風のことを「春一番」と言います。

春一番というと、春頃に吹く最初の強い風、暖かい風と曖昧な現象だと思われがちですが、実は明確な定義があり、気象庁により毎年認定されるものなのです。

今回は春一番の意味や由来とともに、なぜこのような現象が起こるのかなども解説していきます。

「春一番の意味や由来とは?時期と風速により定義されていた!」の続きを読む…