【2017年】暑中見舞いの時期・期間!いつからいつまでに出すべきか?

暑中見舞い

暑中見舞いを送る時期についての記事です。

いくつか説があるのですが、それらの説とともに、私の意見を交えて説明していきます。

毎年、「いつ送ればいいのか?」など悩まれる人も多いと思うので、この記事を読んで、解決しましょう。

スポンサードリンク

一般的に暑中見舞いはいつ送るとされているのか?

暑中見舞いのハガキを送る時期として、
「いつ出せばいいのか?」ということですが、
これにはいくつかの説があります。

  1. 夏の土用(立秋前、約18日)~立秋の前日(8月6日)
    夏の土用、立秋などは年によって違いますが、
    2017年は7月19日~8月6日です。
  2. 小暑(7月7日)~立秋の前日(8月6日)
  3. 梅雨明け~立秋の前日(8月6日)

以上3つが一般的に定められています。

“8月7日まで”というのは変わりませんが、
“いつから”出すのかというのが変わってきます。

また残暑見舞い”については明確に時期が決められており、

立秋以降(8月8日)~8月31日

つまり、立秋を超えると“残暑見舞い”になり、
遅くても8月中に送るのが一般的です。

結局いつ送ればいいのか?

で、結局いつ出せばいいのかという話です。

そもそも暑中見舞いの意味合いをご存知ですか?

1年で最も暑い時期に送ることで、
相手の安否、健康を気にかける慣習です。

なので、「最も暑いと思われる時期」に送るのがいいでしょう。

もちろん、自分の住んでいる場所ではなく、
相手が住んでいる場所です。

しかし、暑中見舞いの時期がいくつかの説があることからわかるように、
明確に「いつから」ということが決まっているわけでもありませんし、
相手もそんなにうるさくはないでしょう。

なので、よっぽど時期がずれたりしない限り、
あなたが“マナー違反”、“モラル・常識がない”などと思われることはありません。

  • 暑さがピークだと思われる時期に出す
  • 8月8日からは残暑見舞い

この二つだけ頭に入れておいて下さい。

面倒な暑中見舞いでも手っ取り早く済ませるなら「挨拶状ドットコム」がおすすめです。

デザインの選択や文言、宛名など必要なデータを入力するだけです。

あとがき

以上、暑中見舞いを出す時期についての時期でした。

まとめますと、
相手の住んでいる場所の暑さがピークの時期
が理想ですが、そこまで神経質になることもありません。

大事なのは、そんなことよりも、
どんな内容のものを送るかということでしょう。

また、暑中見舞いに関連してお中元についても詳しく解説しているので、
是非こちらもご覧ください。
お中元の時期はいつからいつまで?地域ごとの期間と6つのマナー

『暑中見舞いの文章の基本的な構成』、『文章の例文』、『はがきの無料テンプレート』などについての記事も用意しているので是非ご覧下さい。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。