お正月飾りを外す松の内の期間はいつまで? 松の内の意味や由来とは?

お正月飾り

お正月飾りはいつまで飾ればいいのか、毎年忘れてしまうのは私だけではないと思います。

今回「お正月飾りはいつまでかざっておくのか?」「外すのは全て同じ日なのか?」ということを説明します。

また、関西と関東ではお正月飾りを外す日が違う地域もあるので、このことについても詳しく述べていきます。

ちなみに、正月飾りの飾り方についてはこちら。
正月飾り(鏡餅・松門・しめ縄)はいつから飾る?飾る時期&飾り方を解説

ちなみにこのブログは、他にも正月飾りについて記事を書いています。

■正月飾りの記事一覧

  1. 正月飾りを飾る時期&飾り方
  2. 鏡開きの日にちはいつ? 
  3. 正月飾りを外す松の内の期間はいつまで? ←今ココ
  4. 正月飾り、門松・しめ縄の処分方法
スポンサードリンク

松の内とは?

松の内とは「門松を飾ってある期間」という意味で、
門松などのお正月飾りを飾る期間を指し、松の内が過ぎたら門松を外します。

また「神様に待っていただいてる期間」という由来もあります。

松の内の期間は全国の地域によって大きく異なり、
つまり、お正月飾りを外す日は地域によって違うのです。

主に、関東と関西で別れていますが、
さらにその中でも細かく地域差があります。 

松の内の期間はいつからいつまで?

松の内の始まりは『12月13日』です。

この日以降ならいつからお正月飾りを飾っても大丈夫ですが、
外す時期は前述した通り地域によって差異があります。

松の内は、一般的に(特に関東)は『1月7日まで』です。

7日の朝に七草粥を食べて、門松、しめ縄を外す家庭が多いです。

一方、関西『1月15日まで』を松の内とし、
その期間までお正月飾りを飾っているという地域が多いです。

もし、松の内の期間がわからなかったら、
近くの神社などにお問い合わせください。
全国の主な神社のリンク

鏡開きは日にちが異なる!

またややこしくなりますが、
門松やしめ縄などのお正月飾りは松の内が過ぎたら外しますが、鏡餅は別です。

鏡開きは一般的に1月11日、関西を中心とした一部の地域では1月15日で、
この日に鏡餅を下げ、これを食べます。

門松やしめ縄と混同しないようにしましょう。

鏡開きについてはこちらを御覧ください。
2015年の鏡開きの日にちはいつ?意味は?関東と関西の違い

松の内や鏡開きの日は、何故地域によって違いがあるのか?

次に、何故お正月飾りを外す日は地域によって違いがあるのかを説明します。

元々全校的に、
松の内は1月15日までで鏡開きは1月20日と、日にちが定まっていました。

しかし、徳川家光が亡くなったのが4月“20日”で、
鏡開きの1月“20日”を忌日とし、1月11日に変更したものが幕府がある関東を中心に広まりました。

これが正確に伝わらなかった関西では1月15日にに鏡開きを行なっているのです。

全国的には松の内(~15日)が過ぎた後に鏡開き(20日)を行なっていたのが、
松の内の期間の内(~15日)に鏡開き(11日)を行うように変更されたのです。

「鏡開きを行なった後にも正月飾りを飾っておくのはおかしい」とされ、
鏡開きの日にち変更にともなって松の内の期間も『~15日→~7日』と変更されました。

あとがき

正月は、地域によって風習の日付が異なるなど、
かなりややこしいですよね。

門松やしめ縄を飾っておく期間については分かってもらえたと思いますが、
そのお正月飾りを処分する方法について悩む人が多いみたいです。

門松、しめ縄等のお正月飾りの処分の仕方についても詳しく調べたので、
是非こちらもご覧下さい。

門松・しめ縄などのお正月飾りの片付け・処分方法

ちなみにこのブログは、他にも正月飾りについて記事を書いています。

■正月飾りの記事一覧

  1. 正月飾りを飾る時期&飾り方
  2. 鏡開きの日にちはいつ? 
  3. 正月飾りを外す松の内の期間はいつまで? ←今ココ
  4. 正月飾り、門松・しめ縄の処分方法
スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA