【バレンタイン】片思いの人への愛のメッセージの例文集

2月14日はバレンタインデーです。

バレンタインは、想いを寄せている人に告白したり、仲良くするきっかけ作りがしやすい日ですね。

言葉で直接伝えられないという方でも、メッセージカードを添えていくことによって、気持ちを伝えていくことができます。

是非片思い中の相手がいるならこの記事を参考にしてメッセージカードを送ってみてください。

スポンサードリンク

片思いの彼へのメッセージの書き方(ポイント)

まず、メッセージのポイントについて。

片思いの彼へのメッセージのポイントについて主に5つ紹介します。

  • 相手に合ったメッセージカードを選ぶ
  • 印刷ではなく手書き
  • 告白する必要はない
  • 相手との関係に適した文章の長さ
  • 相手の名前を入れる
  • 自分の連絡先をさり気なく入れる

相手に合ったメッセージカードを選ぶ

メッセージカードは色んなデザインのものがあるため、
相手の年齢や相手の性格などに合ったデザインのものを選ぶ必要があります。

告白するのなら自分の真剣さが伝わりそうなものがいいですね。

?メッセージカードを無料でダウンロードするならこちらを参考にして下さい。
【2016年バレンタイン】メッセージカードの無料テンプレートがダウンロードできるサイト5選

印刷ではなく手書き

例えどんなに字が下手でも、
印刷の字が手書きの字に勝ることはありません。

また、相手に好意を伝えるなら、
カラフルにしたり過度に装飾をしたりせずシンプルにするのがいいでしょう。

告白する必要はない

バレンタインだからといって無理に告白する必要はありません。

特に、まだ良く知らない相手であったり、そこまで意識していない相手の場合、
急に告白されても「嬉しい」というよりも「困惑」という感情のほうが強いでしょう。

なので、相手と親密で告白に自身がある場合を除いて、
相手の好感度を上げることに注力するのがいいでしょう。

相手への好意が伺えるメッセージにしたり、
相手に対する感謝をメッセージに込める程度に留めるのをおすすめします。

男性にとって、自分が好意を持っている人以外からは、
『告白』よりも『感謝』の言葉をもらう方が嬉しいという人は意外と多いものです。

相手との関係に適した文章の長さ

相手への気持ちが強いからといって、
長い文章を書けばいいというわけではありません。

よく知らない相手から長文のメッセージカードを渡されたら、
大抵の人は引いてしまいます。

そんな人にはメッセージカードで思いを伝えるのではなく
これからの交流を深めるきっかけとなるようなメッセージを書くのがポイントです。

もちろん、長い付き合いであったり、
お互いのことをよく知っているのであればその限りではありません。

その場合は思いの全てを込めるのもいいでしょう。

相手の名前を入れる

相手の名前をメッセージに入れる事で、
相手にだけのメッセージということを意識付けることが出来ます。

冒頭でも文章中でもいいので必ず相手の名前は意識して入れるようにしましょう。

自分の連絡先を“さり気なく”入れる

当然ですが、自分の連絡先を相手が知らなければ、
その後プレゼントに対するアクションがもらえず仲は進展しません。

しかし、露骨に「連絡下さい」などのメッセージともに、
アドレスや電話番号などの連絡先を書いてしまうと、
相手は少し嫌悪感を感じてしまうかもしれません。

実際には余程じゃないとそんなに気にする人はいないかもしれませんが。

あくまで“さり気なく”連絡先を入れることがポイントです。

バレンタインメッセージの例文

では次にメッセージの例文について。

告白する場合と、相手と関係を築きたい場合についてそれぞれ例文を紹介していきます。

告白する場合のメッセージの例文

「大好きな○○さんへ 勇気を出してバレンタインにプレゼントを贈ります。これからもずっとそばにいさせてください。宜しくお願いします。」

「〇〇さん、いつも楽しく付き合ってくれてありがとうございます。いつもの感謝を込めて○○さんへ頑張ってチョコレートを作ってみました。どうしても目を見てしまうと緊張して話せなくなってしまうので、メッセージで伝えます。○○さんのことを考えて、チョコレートを一生懸命作りました。あなたのことが大好きです。気に入ってくれるか心配ですが、よかったら私の気持ちを受け取ってください。」

「〇〇さんには仕事でいつもお世話になっていますが、このプレゼントで感謝と好きという気持ちを伝えさせてください。自分の気持がしっかりと伝わっているか不安ですが、これからも宜しくお願いいたします。」

相手と関係を築きたい場合

■学校の同級生へのメッセージ
「〇〇くんへ。今まであんまり話したことなかったけど、仲良くしたいと思いチョコレートを作りました。感想を聞かせてくれたら嬉しいです。」

■会社の上司へのメッセージ
「〇〇さん、いつもお世話になっています。〇〇さんには仕事で助けてもらってから、いつか感謝の気持ちをお伝えしたいと思っていました。これからも迷惑をかけてしまうかもしれませんが、よろしくお願いします。」

■話したことがない相手
「〇〇さん、突然ごめんなさい。前から気になっていたので勇気を出してプレゼントをしてみました。迷惑でなければ、これから仲良くしてもらえると嬉しいです。」

あとがき

以上、バレンタインに贈る、片思いの彼へのメッセージの書き方と例文でした。

バレンタインは告白のチャンスとも言えますが、
多くの人にとっては『仲良くなるきっかけ』程度に考えるほうがいいですね。

ただ、それでも男性とってバレンタインはチョコや小物などの実用的なものよりも、
メッセージカードのほうが何倍も嬉しいと感じるものです。

たとえ無難な感じの文章になってしまってもいいので、
とにかく書いて見ることが大事です。

ちなみに、このブログには他にもバレンタインに関して役立つ記事がいくつもあるので、
是非ご覧になっていって下さい。

■バレンタインデーのプレゼント

■バレンタインのメッセージカード

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。