【2017年バレンタインチョコ】簡単で美味しい人気手作りキット特集

2017年版、バレンタインデーのチョコレートorスイーツ手作りキットをご紹介します。

「本命の彼に本格的な手作りチョコをプレゼントしたい」「義理チョコや友チョコ用に簡単かつ大量に作りたい」など、様々なタイプに対応できるよう定番のものからユニークなキャラクターものまでご紹介します。

スポンサードリンク

cuoca(クオカ)ハンドメイドキット

cuoca(クオカ)ハンドメイドキット

まず、バレンタインの手作りキットで定番の『cuoca』のハンドメイドキットをご紹介します。

本命の彼にプレゼントするための本格的なショコラから、
義理チョコや友チョコ用として大量に配れるクッキーやマフィンのキットまで揃っており、
用途に合わせて購入することが出来非常におすすめです。

バレンタインデー用の手作りキットとして販売されているのは全部で8種類です。

簡単に作れるようにそれぞれのキット毎に作り方を説明した動画が用意されているのも、
非常に便利でいいですね。

しかも可愛いラッピング材もそれぞれ付いているため、
この手作りキット一つで何から何まで揃うのです。

それでは順番に見ていきましょう。

本命の彼へのプレゼント

■ハートとろける濃厚プチガトーショコラ

  • 値段:1200円
  • かかる時間:40分
  • 個数:6個
  • 付属のラッピング・型:焼き型(6個)、かわいい水玉ギフトボックス、リボン付き

■とろ~りガナッシュの贅沢フォンダンショコラ

  • 値段:1260円
  • かかる時間:60分
  • 個数:5個
  • 付属のラッピング・型:焼き型(4個)、かわいい水玉ギフトボックス、リボン付き

友達と分け合う友チョコ用

■キャラメルクランチのN.Y.チーズケーキバー

  • 値段:1000円
  • かかる時間:50分
  • 個数:10~12個
  • 付属のラッピング・型:焼き型、グラシンペーパー10枚

■ずっとなかよし2色のうさくまクランチポップ

  • 値段:1000円
  • かかる時間:30分
  • 個数:10個
  • 付属のラッピング・型:ペーパースティック、ラッピング袋、タイ

■ハートでおめかしいちごのケーキポップ

  • 値段:1000円
  • かかる時間:40分
  • 個数:10個
  • 付属のラッピング・型:ハート柄転写シート、ペーパースティック、ラッピング材、レンジ用型

大量に作って義理チョコ用に

■みんな大好きsweetくまちゃんクッキー

  • 値段:2000円
  • かかる時間:90分
  • 個数:30~35個
  • 付属のラッピング・型:くまの抜き型、ラッピング袋、タイ

■派手キラキュートなミニDECOマフィン

  • 値段:2000円
  • かかる時間:90分
  • 個数:30個
  • 付属のラッピング・型:抜き型、ラッピング袋、タイ

■ふんわりハニーのsweetくまちゃんマドレーヌ

  • 値段:2000円
  • かかる時間:90分
  • 個数:30個
  • 付属のラッピング・型:焼き型、ラッピング材

無印食品

続いて、無印良品です。

バレンタインデーのお馴染みの手作りキット、
無印良品の「自分で作るシリーズ」が発売開始との発表がされました。

通販での購入はこちら
無印食品 バレンタイン手作りキット通販ページ

  • オーブンを使わずに作れるチョコ
  • 簡単に作れる焼きチョコ
  • 義理チョコ・友チョコ用に大量に作れる焼き菓子
  • 本命の人に渡す本格的なスイーツ

など、様々なニーズに応える商品が多数揃っています。

Coconuts Kiss

続いて、『Coconuts Kiss』というメーカーです。

こちらも毎年バレンタイン限定の手作りキットが数多く販売されています。

1000円前後でプロ並のお菓子が作れたり、
可愛いスイーツが大量に作れる手作りキットが揃っています。

2017年のバレンタイン限定商品の詳細はこちら。
Coconuts Kissバレンタイン限定手作りキット販売ページ

共立食品

共立食品

500円~1000円の手作りキットが19種類。

以下のように定番の生チョコ、トリュフ、ブラウニー、クッキー、マフィンといったものから、
クマやイヌのキャラクターものやお菓子の家といったユニークなものまであります。

調理時間の目安は大体30分~90分程度。

お菓子の家は120分。

あとがき

代表的な手作りキットのメーカーをご紹介しました。

バレンタインの手作りキットが販売されるのはもう少し先なので、少々お待ちください。

これからまだまだこの記事を更新していく予定なので、
よろしければ「お気に入り」や「ブックマーク」に登録して、また訪問していただけると幸いです。

ちなみに、このブログにはバレンタインデーに関する記事が他にも多数あります。

是非ご覧ください。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。