2020年10月はブルームーン!日にち・定義について解説

ブルームーンはいろんな定義がありますが、現在一般的なのは「ひと月に2回満月になること」を指します。

満月の周期は約29.5日。
現在の暦は2月以外はひと月30日、または31日とこれよりもわずかに長いため、月のはじめと終わりに満月になることがあるのです。

今回、ブルームーンの日にちや詳細について解説していきます。

「2020年10月はブルームーン!日にち・定義について解説」の続きを読む…

【2020年】暑中見舞いの時期・期間!いつからいつまでに出すべきか?

暑中見舞いはいつ送ればよいのか、毎年悩む人も多いと思います。

暑中見舞いを送る時期にはいくつか説があるのですが、結論を言うと、7月下旬~8月上旬。遅くとも立秋(8月7日頃)までには相手に届くようにしましょう。

立秋以降になるなら、『暑中見舞い』ではなく『残暑見舞い』として出すのがマナーです。

「【2020年】暑中見舞いの時期・期間!いつからいつまでに出すべきか?」の続きを読む…

【2020年】(残暑)暑中見舞いの返事の時期・期間はいつまで?文章の例文もご紹介

暑中見舞いの返事暑中見舞いにの返事に関する記事です。

「いつまでに出せばいのか?」「暑中見舞いと残暑見舞いどちらで出せばいいのか?」 そして、「文章はどういう風に書けばいいのか?」

などについて説明しています。

是非参考にしてもらえればなと思います。

「【2020年】(残暑)暑中見舞いの返事の時期・期間はいつまで?文章の例文もご紹介」の続きを読む…

うるう年とはいつなのか?一覧と計算方法&仕組みを図解

閏年(うるう年)とは、2月29日が存在する年を指し、それは約4年に一度巡ってきます。

つまり、通常1年は365日であるのに対し、うるう年は366日になるということですね。

今回、うるう年はいつなのか、その計算方法や一覧、仕組みをご紹介します。

ちなみに、次のうるう年は2024年。
そして次回以降は2028年、2032年、2036年・・・となります。

「うるう年とはいつなのか?一覧と計算方法&仕組みを図解」の続きを読む…

【2021年】芒種の日にちはいつ?意味や由来について

日本の夏の季節の一つに“芒種(ぼうしゅ)”というものがありますが、これがどういったものでどういった日なのかは知らない人は多いと思います。

芒種は年によって日にちが異なり、少しややこしい一面があります。

そこで今回は2021年の芒種の日にちに加えて、意味・由来について詳しく解説していきます。

「【2021年】芒種の日にちはいつ?意味や由来について」の続きを読む…