【土用の丑の日とは】2019年はいつ?ウナギを食べる意味や由来をご紹介

2019年の土用の丑の日の日にち

2019年夏の土用の丑の日は7月27日(土)です。土用の丑の日は年に2回ある年もありますが、今年は1回だけです。

土用の丑の日は各季節にあるのですが、2019年のそれぞれの日にちをまとめると以下の通り。

2019年の土用の丑の日
  • 冬:1月28日
  • 春:4月22日、5月4日
  • 夏:7月27日
  • 秋:10月31日

うなぎを食べる日として有名な土用の丑の日。

四立(立春・立夏・立秋・立冬)前の約18日の期間を土用といい、その期間に12周期で巡ってくる干支の丑の日にあたるのが土用の丑の日です。

今回、土用の丑の日に関するさらに詳しい情報、うなぎを食べる由来などを解説していきます。

「【土用の丑の日とは】2019年はいつ?ウナギを食べる意味や由来をご紹介」の続きを読む…

土用干しとは?時期や意味を解説(衣類・梅干し・田んぼ)

梅雨前線が去って盛夏を迎える時期。いろんなものを干すのに適しており、昔から色んなものを干す風習がありました。

ちょうど夏の土用にあたる時期なので、土用干しと言われます。

今回は土用干しの時期や意味などを詳しく解説していきます。

「土用干しとは?時期や意味を解説(衣類・梅干し・田んぼ)」の続きを読む…