敬老の日のプレゼントにおすすめの花の種類!花言葉と一緒にご紹介

敬老の日のプレゼントにおすすめの花の種類!花言葉と一緒にご紹介

敬老の日のプレゼントの定番として花が挙げられます。

しかし、いざ花をプレゼントしようと思っても、何の花にすれば良いのか、どういう基準で選べば良いのかわからないものです。

そこで今回、敬老の日に贈る花について、おすすめの花を花言葉と一緒にご紹介していきます。

また、贈ると失礼にあたるNGな花もご紹介していくので、是非敬老の日の花を選ぶ際には参考にして下さい。

スポンサードリンク

敬老の日の定番の花「リンドウ」

リンドウ

母の日や父の日の花といえば、
「母の日=カーネーション」、「父の日=バラ」など、明確なイメージがあるかと思います。

これらはそれぞれの記念日の由来にも関わってくるもので、
記念日制定のきっかけとなった“アンナ・ジャービス”さん、“ソノラ・スマート・ドット”さんが
母親、父親にカーネーション、バラを送ったことからくるものです。

しかし、日本で生まれた敬老の日は、花は記念日の由来に関係しません。

参考:敬老の日の由来や意味

それでも一般的に敬老の日に贈る花といえば『リンドウ』が定番と言われることが多いのです。

なぜリンドウが敬老の日に贈られるのでしょうか?

リンドウが敬老の日に贈られる2つの理由

これには主に2つの理由があります。

  1. リンドウの根が秀でた効能を持つ薬として重宝されていた
  2. リンドウの花の色の“紫”は、昔から位が高い人が身につけていた衣服の色で、尊敬の念を表すのに用いられていた

つまり、リンドウ自身の効能から「健康を願う気持ち」と、
リンドウの花の色から「敬意を示す意味合い」があるわけです。

あと、リンドウの開花時期が9月~11月で、
敬老の日の時期に丁度適しているということもあるでしょうね。

ただ、そこまで敬老の日と直接的な関係があるわけではないのは、
少々意外だったのではないでしょうか。

またリンドウの花言葉をみても、
実はそこまで敬老の日に適しているわけではないのです。

リンドウの花言葉

敬老の日の定番の花になるくらいなので、リンドウの花言葉が
「長寿を祝ったり、健康を祈願したようなもの」
だと思っている人も多いかと思います。

しかし、その花言葉は、
「悲しんでいるあなたを愛する」
という言葉です。

これはリンドウが群生せず一本ずつ咲く姿から来ています。

あまりしっくりこないですし、
むしろ人によっては失礼に値する可能性もありますよね。

他にもリンドウの花言葉には「正義」「誠実」などもありますが、
いい言葉ではあるものの敬老の日にそこまで関係あるとは言い難いです。

ただ、花言葉はそこまで気にしない人も多いので、
敬老の日の定番となっているリンドウはプレゼントとして一番無難な花ではありますよね。

特にこだわりもなければリンドウの花をおすすめします。

その他敬老の日におすすめの花の種類一覧

では、リンドウの花以外に敬老の日にプレゼントするのにおすすめな花をご紹介します。

おすすめの花1:バラ

バラ

花言葉:『愛情』(色や本数などによって変わる)

見た目から高貴な印象があるため、
敬老の日のように目上の人に贈る花としてバラは適しています。

また、花言葉は色や本数、状態などで変わってくるのですが、
敬老の日に贈るものとしておすすめは“紫”です。

紫のバラの花言葉には、
「誇り」「尊敬」「王座」というものがあります。

参考:色や本数で意味も変わる! 薔薇(バラ)の奥深い花言葉 | 花と贈りものだより

おすすめの花2:ガーベラ

ガーベラ

花言葉:『崇高美』『神秘』『希望』『常に前進』

バラとはまた違い、明るく元気な印象のあるガーベラもおすすめです。

ガーベラ一本だけ単体でプレゼントするのもいいですが、
何より他のバラやリンドウなどの花とも合わせやすいのもポイントです。

花言葉を見ても、高齢の方を敬う意味合いもあるので、
敬老の日にぴったりですね。

おすすめの花3:コチョウラン

コチョウラン

花言葉:『幸福が飛んでくる』『純粋な愛』

高貴で上品な印象がある胡蝶蘭は敬老の日の花にぴったりですし、
花言葉を見ても、敬老の日に適していますね。

もともと蘭が世界的に知られ始めた頃、
特定の温暖な地域しか生息できず、貴重な花とされており、
その見た目と相まって高級で気品のあるイメージが浸透していったのです。

ただし他の花と比べて結構な値段なので、
70歳、80歳などの節目など特別な年にプレゼントするのをおすすめします。

おすすめの花4:ユリ

ユリ

花言葉:『純粋』『無垢』『威厳』

落ち着いた印象のあるユリも高齢の方へのプレゼントとしておすすめです。

花言葉も「威厳」なんかは敬老の日に適していますね。

ただし、注意点として、
ユリの匂いは人によって好き嫌いが分かれます。

正確にはユリの雄しべの匂いで、
雄しべを切り取ることで匂いを取り除くことができるですが、
プレゼントする際にはこのことには十分注意する必要がありますね。

敬老の日に渡すのはNGな花

最後に敬老の日に贈るのには適さない花を紹介します。

敬老の日などお祝いの日にプレゼントするのにNGな花として代表的なのが“菊”です。

菊

菊といえば「高貴」「高尚」「高潔」などの花言葉を持ち、
可愛らしい見た目から一見敬老の日に適していそうですが、
実際はそうではありません。

日本では菊はお葬式やお墓参りなどに使われるイメージが強く、
「死」を連想させてしまうのです。

基本的にお祝いごとで用いるのは不謹慎と思われる風潮にありますが、
特に高齢の人の長寿を祝う敬老の日の花としては最も不適切だといえます。

このことだけは頭に入れて敬老の花のプレゼントを選んでいきましょう。

あとがき

以上、敬老の日におすすめの花を紹介しました。

まとめると以下のとおりです。

■おすすめの花

  • りんどう
    • 花言葉:『悲しんでいるあなたを愛する』『誠意』『誠実』
  • バラ
    • 花言葉:『愛情』『誇り』『尊敬』『王座』
  • ガーベラ
    • 花言葉:『崇高美』『神秘』『希望』『常に前進』
  • 胡蝶蘭
    • 花言葉:『幸福が飛んでくる』『純粋な愛』
  • ユリ
    • 花言葉:『純粋』『無垢』『威厳』

■NGな花

このブログには他にも敬老の日について色々役立つ情報をまとめているので是非ごらんください。

他のプレゼントについてはこちらを御覧ください。
敬老の日のプレゼントランキング!絶対に喜んでもらえる贈り物

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。