【2015年】敬老の日・シルバーウィークの日にちはいつ?由来や意味もご紹介

「2015年の敬老の日の日にちはいつなのか?」
「敬老の日を含めた、いわゆるシルバーウィーク(SW)はいつからいつまでなのか?」
「敬老の日の制定の経緯や由来はどんなものなのか?」
など解説していきます。

是非参考にして下さい。

 

スポンサードリンク

敬老の日はいつ?

忘れがちですが、
敬老の日は9月の第三月曜日で、これは毎年異なります。

2015年の場合、9月21日です。

2002年までは敬老の日は9月15日でしたが、
ハッピーマンデー制度により9月の第三月曜日に変更しました。

※ハッピーマンデー制度:国民の祝日を月曜日にして土日と合わせて三連休にしようとする制度。敬老の日の他にも『成人の日』『海の日』『体育の日』などが該当する。

また、5月の連休をゴールデンウィーク(GW)というのに対し、
敬老の日を含めた9月の連休は、『シルバーウィーク(SW)』といいます。

これについて少し説明します。

2015年はシルバーウィークが5連休

2015年は土日+敬老の日、そして22日の祝日23日の秋分の日
これら5連休のシルバーウィークになります。

実はシルバーウィークが5連休になるのは非常に珍しいのです。

秋分の日は年によって21日、22日、23日と変わりますが、
この秋分の日が水曜日の日に限ってシルバーウィークが5連休になります。

ちなみに2015年の9月は、22日に謎の祝日が入ります。

?2014年にはそんな祝日存在しません。

この祝日の正体をご存知でしょうか?

実はですね、【国民の祝日に関する法律第3条3項】に、
「国民の祝日に挟まれた平日は休日になる」という趣旨のものがあります。

2015年9月22日は、
敬老の日(21日)と秋分の日(23日)の2つの祝日に挟まれているので、
本来平日であるにも関わらず休日になっているのです。

敬老の日の由来・制定の経緯

敬老の日というのは、
『長年働き社会に貢献してくれた老人を敬い、長寿を祝う』
そのために制定されたものです。

これくらいなら何となく分かると思います。

しかし、

  • 何故9月の第三月曜なのか?
  • どういう経緯で制定されたのか?

など気になると思いますので、解説していきます。

起源は1947年、兵庫県多可郡野間谷村という一つの村で、
そこで定められていた『としよりの日』が元となっています。

9月の中旬は農閑期(農業の手間がかからない期間)なので、
9月15日を「老人を敬うと同時に老人の知恵で村作りをしよう」という、
『としよりの日』が村で制定されました。

後にこれが兵庫県、全国と広がっていきますが、
「としより」という表現は不適切という指摘もあり、
『老人の日』『敬老の日』と名前を変えていき、やがて国民の祝日となります。

敬老の日が祝日になったのは、
母の日やこどもの日などの祝日があるのに、
年よりを敬う祝日が無いことに関して指摘が続いたからです。

その後2002年に、できるだけ3連休の余暇を過ごしてもらうことを目的とした、
ハッピーマンデー制度により9月15日から9月第三月曜日に変わりました。

まとめるとこんな感じです。

  1. 兵庫県多可郡野間谷村で農閑期(9月15日)に『としよりの日』を制定
  2. 多可郡野間谷村→兵庫県全体→全国と広がる
  3. 『としよりの日』→『老人の日』→『敬老の日』と名前を変える
  4. 国民の祝日になる
  5. ハッピーマンデー制度で9月第三月曜日になる

あとがき

以上、2015年の敬老・シルバーウィークの日にちや、
敬老の日の由来についてでした。

敬老の日は父の日・母の日などと同様、1年に1度しかない特別な日なので、
年配の方には是非日頃の感謝の気持を伝えましょう。

ちなみに、敬老の日に渡すプレゼントについて、

おすすめのものを記事にまとめたので、是非ご覧ください。
?敬老の日に渡すと喜ばれる!おすすめのプレゼントランキング

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。