【2019-2020年】各種銀行の年末年始の営業日一覧(窓口・ATM)

年末年始になると正月行事などで現金が必要になることが多いです。

銀行や郵便局は年末年始は休みですが、ATMやコンビニATMが利用できるので取り返しのつかない自体になることはほとんどありません。

しかし、手数料が余計にかかってしまうこともありますし、窓口でしか取り扱っていない業務もあるため、あらかじめ営業時間を把握しておくことは重要です。

そこで今回は年末年始における大手銀行、ゆうちょ銀行窓口・ATMの営業日・営業時間をまとめていきます。

2019年-2020年の各種銀行・ゆうちょ銀行の営業日一覧

◯:通常営業、×:休み、△:基本利用できるが手数料がかかる場合がある

年末年始は銀行によらず土日祝日扱い

基本的に2019年-2020年の年末年始は、『12月31日~1月5日』の期間が土曜・祝日扱いです。

通常の土日祝日と変わらないので、窓口は営業外ですがATMは利用できます。(手数料は土日祝日と同様の手数料)

ただ、店舗によってATMの稼働状況は異なるので、通常の休みの時に稼働していないATMは年末年始も稼働していません。

各種銀行のATM稼働状況・手数料一覧

年末年始の休みは「銀行法」によって『12/31~1/3』と定められているのですが、2020年は1/4、1/5が土日で休みなので『12/31~1/5』と例年よりも2日休みが多くなるので要注意。

ちなみに、地方銀行でも年末年始の扱いは変わりません。

年末の最終営業時間と年始の営業開始時間

基本的に銀行窓口の営業時間は9:00~15:00(りそな銀行は17:00)なので、年末年始の最終営業時間と営業開始時間は以下のとおりです。

  • 年末の営業締め切り時間:12月30日(月)午後3時(りそな銀行は午後5時)
  • 年始の営業開始時間:1月6日(月)午前9時

※ゆうちょ銀行は店舗によって大きく異なるので「郵便局・ATMをさがす」から調べて下さい

振込について

銀行は平日の営業時間内に手続きを済ませれば他行口座でもその日の内に振込が行われますが、営業時間外だと翌営業日の振込になります。

年末年始の休日も同様で、年内の営業時間締め切り時間に間に合えば年内に振込が完了しますが、間に合わなければ翌営業日(1/6)の振込になってしまうのです。

年内に振込を済ませる必要がある場合は、年内の営業締め切り時間までに済ませましょう。

ただし『モアタイムシステム』に対応している金融機関同士であれば、土日・祝日関係なく即時振込処理を済ませることができます。

モアタイムシステムは「24時間365日いつでも他行口座にお金を即時に振り込める」というシステムで、2018年10月に開始しました。現在、500行近くの金融機関が参加しています。

以下のような主要な金融機関。

  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 三菱UFJ信託銀行
  • 三井住友信託銀行
  • オリックス銀行
  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • イオン銀行
  • ジャパンネット銀行
  • ソニー銀行
  • じぶん銀行
  • SBJ銀行
  • 大和ネクスト銀行
  • 新生銀行

さらに地方銀行や信用金庫、信用組合なども多数参加しています。

モアタイムの参加金融機関の一覧ははこちらをご確認ください。
モアタイムシステム参加金融機関一覧|全国銀行資金決済ネットワーク

注意点としては、自分が利用する金融機関だけでなく、振込先もモアタイムシステムに参加している必要があります。さらに銀行によってはモアタイムの対応時間が違うので、それについても確認しておきましょう。

コンビニATMについて

年末年始は店舗によってはATMが稼働していないこともありますが、いざという時はコンビニATMがあるのでそこまで困ることはありません。

手数料が余計にかかってしまうこともありますが、年末年始でも大抵は24時間利用できます。利用可能な銀行や利用可能時間、手数料などは以下をご覧ください。

各種コンビニATMの利用時間・手数料について
スポンサードリンク

あとがき

以上、銀行の年末年始の営業日についてでした。

年末年始は色々と現金が必要になるので心配にもなりますが、コンビニATMがあると思えば安心できますね。

ちなみに、年末年始に関連して大晦日や正月の過ごし方などまとめているので、ぜひこちらもご覧ください。