年賀状の文例まとめ|相手や状況に応じた年賀状の文章の書き方一覧

年賀状は毎年色んな人に書きますが、毎年どういう文章を書こうか悩む人も多いのではないでしょうか。

特に目上の人には失礼のないように気をつけないといけないですからね。

そこで今回、年賀状の文例を相手や状況ごとにまとめました。

是非年賀状を書く際に参考にして下さい。

スポンサードリンク

年賀状を出す時期

年賀状は元旦の1/1朝に相手に届くようにするのがマナーです。

では、いつ年賀状を出せば1/1に届くのかということですが、
確実に年賀状が元旦に届くようにするには、“12月15日~12月25日”に出しましょう。

ただ、26日~29日に出しても相手の住む地域によっては元旦に届きますが、
確実ではありません。

しかし、年賀状を出すのが遅れても1/1朝に届ける方法もあります。

詳しくはこちらをご覧ください。
年賀状はいつまでに出すと元旦に届く?遅れても間に合わせる裏技もご紹介

年賀状のイラスト・テンプレート

年賀状のデザインについて、毎年悩む人も多いかと思います。

そこで、2017年の年賀状のイラスト素材・テンプレート素材について
取り扱っているサイトをまとめました。

2017年は酉(とり)年なので鳥のイラスト、
またその他にも正月に関するイラストの七福神、正月飾り、富士山のイラストなど、
様々な種類の素材が無料で使うことができます。

可愛いもの、かっこいいもの、おしゃれなもの、ユニークなものなど色んな素材があるので、
是非以下の記事を参考にしてみてください。

【酉(とり)】2017年の年賀状の無料イラスト・テンプレートまとめ

年賀状の文例まとめ

さて、本題ですが、年賀状の文例についてです。

状況別の年賀状文例

相手との関係ごとに年賀状の文例をまとめました。

報告を兼ねた年賀状文例

報告を兼ねた年賀状を贈る際の文例をまとめました。

その他

その他、出していない人からきた年賀状の返事や、
文章が思い浮かばない時に使える文言などもまとめました。

是非参考にして下さい。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA