年賀状の文例|文章が思い浮かばないときに使える一言集(部下・上司・取引先・友人)

年賀状の文例|文章が思い浮かばないときに使える一言集(部下・上司・取引先・友人)年賀状を作る際は、一言入れるにも気を使う事が多いでしょう。

特に部下・友人・上司・取引先など仕事関係や友人関係の人も一言に気を付けなければなりません。

上司・取引先などはすぐに自分の評価に繋がってしまう事がありますので無難な一言を知っておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

文例1:部下への年賀状に使える一言

  • ○○はここ数年でかなり成長しました、今年も期待しています。
  • 昨年のプロジェクトでは大活躍でしたね、頼もしく思っています。
  • 日々○○(くん/さん)の成長ぶりには驚かされますこれからもチームで頑張りましょう。
  • 今年は○○(くん/さん)にとっても飛躍の年になると期待しています。

文例2:上司への年賀状に使える一言

  • 今年で入社○年目となりました、ご指導を活かした仕事ができるよう更に精進する所存です。
  • 旧年中はかわらぬご指導を頂き、本当にありがとうございました。
  • 昨年は公私にわたり大変お世話になりました。
  • 旧年中は格別のご指導を賜り、厚く御礼申し上げます。
  • 今年は部署が変わりますが今まで同様ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

文例3:取引先への年賀状に使える一言

  • 旧年中のご厚情心より御礼申し上げます
  • 本年度もどうぞご贔屓のほどよろしくお願いいたします。
  • 今年も皆さまに喜んでいただけるような商品造りに精進してまいります。
  • 本年も社員一同、一丸となってサービスをご提供いたします。
  • 本年度も当店へ変わらぬご愛顧をお願い申し上げます。
  • ○○様のご来店を心よりお待ち申し上げております

文例4:同僚への年賀状に使える一言

  • 今年もお互いよきライバルとして頑張ろう。
  • ご家族は元気ですか、今後とも家族ぐるみで仲良くしましょう。
  • ご家族ともども健康で良い一年になりますように願っております。
  • 昨年は何かと相談にのってくれてありがとう、これからもよろしくお願いします。
  • 仕事と家庭といつも頑張っている○○(くん/さん)には頭が下がります、体だけは気をつけてね。

文例5:友人への年賀状に使える一言

  • 今年も切磋琢磨して新しい自分の可能性を見つけましょう。
  • 為せば成るという気持ちを持ち続ける○○(くん/さん)を見習いたいです。
  • 今年は資格の取得など新しいことにチャレンジしようと思っています。
  • なかなか多忙で飲みに行けませんが今年は会って話しましょう。

他にも状況別に年賀状の文例についてまとめているので、
是非こちらもご覧ください。

>>年賀状の文例まとめ|相手や状況に応じた年賀状の文章の書き方一覧<<

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA