紫外線とは?UVの健康被害・影響の大きい時間帯と外出時の対策について

紫外線は人体にどんな影響をおよぼすのか、どういった対策をするべきなのか、ご存知でしょうか?

日焼けや肌のシミやシワの原因となる紫外線ですが、そもそも紫外線はどういったものか知らない人も多いと思います。

紫外線について誤った知識も横行していたりするので、是非これを機に正しい知識をみにつけて下さい。

 

 

スポンサードリンク

紫外線の種類

紫外線は可視光線より波長が短い電磁波で、
UV(ultraviolet=紫を超えたという意)とも言われる不可視光線の一種です。

紫外線の中でも波長によってその特性が異なり、
以下の様な名称に分類できます。

  • UVA(波長 315~380nm):表皮層を通過し、真皮層にまで作用する。 真皮層に存在する、肌質に重要なたんぱく質を変性させシワを作ったり、メラニン色素を酸化させてシミへと変化させたりする。
  • UVB(波長 280~315nm):表皮層に作用。 日焼けの原因であるメラニンを生成したり、DNAにダメージを与えたりする。
  • UVC(波長 200~280nm):上記UVA、UVBよりも強力で生体への作用も大きいが、オゾン層を通過せず地表に届かないので、現時点で日常生活の中で人体へ影響を及ぼす機会はない。

電磁波は波長の短いほどエネルギーが強くなるので、
人体への影響力はこのようになります。(前述通りUVCは地表に届かないが)

UVA<UVB<UVC

ただし、ガラスや大気、皮膚の透過率はこの逆で、
UVAが最も地表まで届きますし、皮膚の奥深くまで作用します。

また、このためUVBは雲や大気の影響で天候や季節、時間帯によって著しく変化しますが、
UVAはこれらの影響が少なく、冬季、朝晩でも減衰しにくいのです。

紫外線の影響

紫外線は我々の健康や美容に多くの影響を及ぼしますが、
特に以下の3つについては是非頭にいれておきましょう。

  • 肌の加齢
  • 皮膚がん
  • 目の健康被害

肌の加齢

シミ、シワ、肌のハリの低下、などですね。

我々の皮膚には、肌の張り、弾力を保つ役割を担っている、コラーゲン繊維や弾性繊維がありますが、
紫外線はこれらを変性させて肌の機能を低下させる恐れがあります。

また、UVBに対する防御反応により、メラニンが生成され、
これをUVAが酸化させて黒くしたものがシミの正体です。

このように、紫外線を浴びることで、
シミ、シワ、肌のたるみなど、肌の老化に繋がります。

皮膚がん

主にUVBの影響で、
紫外線を浴びることで我々のDNAはダメージを負います。

DNAが紫外線に照射されることで、
構成原子が励起され、DNAの配列を乱れさせたりすることで、
DNAの機能が正常に働くなり、がんに突然変異することがあるのです。

目に対する健康被害

エネルギーの大きいUVBは目に対する健康被害を引き起こすことでも知られ、
白内障や紫外眼炎、雪眼炎など、あらゆる症状を引き起こす原因となります。

特に登山などで高度の高い地形に行く場合、
大気によるUVBからの保護が弱まるため、
ゴーグルによる目の保護を一番に考えないといけません。

紫外線対策

紫外線の恐ろしさが分かったかと思うので、
次は紫外線の被害を防ぐための対策についてお話していきます。

紫外線情報をチェックする

気象庁 | 紫外線情報分布図

気象庁が発表している紫外線の度合い(UVインデックス)の予想を、
視覚的に把握することができるサイトです。

当日及び、翌日の紫外線の目安を把握できるので、
念入りに対策できます。

紫外線の多い時間の外出に気を付ける

紫外線は1日の内で『10時~14時』が特に強くなります。

特に、エネルギーが強いけど大気に遮断されやすいUVBは、
この時間帯を外せば大幅に量が減ります。

なので、紫外線の強い10時~14時はできるだけ外出は控え、
また、どうしても外出しないといけない時は細心の注意を払うようにしましょう。

UVカットクリーム(日焼け止め)を塗る

紫外線が強い時期、強い時間帯に屋外に出る時には、
必ずUVカットクリームを塗りましょう。

特に顔への紫外線を防ぐのに最も効果的です。

自分の用途にあった商品(SPF、PA)を適切に選び、
また、2~3時間おきに塗り直すなど徹底しましょう。

ちなみに、日焼け止めの選び方についてこちらで詳しく説明しているので、
是非ご覧ください。
日焼け止めの正しい選び方

紫外線策用の服やグッズを身につける

紫外線をカットする素材の服を身に付けたり、
メガネ、ゴーグル、日傘、帽子、アームカバーなど、
紫外線を遮断するグッズを装着しましょう。

服の繊維については、
ポリエステルやウールのものを選ぶことで紫外線の90%以上をカットできますし、
紫外線を反射・吸収するコーティング剤を吹き付けているものもあります。
(コーティング剤は洗濯の度に効果が落ちますが…)

外出する時には、
こういったものをきちんと身につけることで紫外線の影響を防ぐことが出来ます。

あとがき

以上、紫外線の概要や人体の影響・対策についてでした。

紫外線はよく耳にする言葉ですが、
あまり詳しく知らなかった人も多かったのではないでしょうか。

紫外線は美容だけではなく健康にも大きく関わってくるので、
男性も正しい知識を身につけるのが大事です。

さて、次回以降、日焼けの選び方や、
日焼け止めクリームの正しい塗り方などについて説明していきます。

是非ご覧ください。

■紫外線・日焼け止めの記事一覧

  1. 紫外線とは?健康被害と対策について ←今ここ
  2. 日焼け止めの正しい選び方
  3. 日焼け止めの効果的な塗り方
スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA