【2017年】ふたご座流星群を観測する方法(時期・極大時間・方角)

日本で見られる流星群の中で年間通して規模が大きいものを“三大流星群”と言いますが、その一つが毎年12月に見られる『ふたご座流星群』です。

毎年安定して多くの流星群が観測することができます。

今回、2017年のふたご座流星群を観測するためのポイントについて解説していきます。

スポンサードリンク

2017年ふたご座流星群の概要

さっそくですが、
2017年のふたご座流星群に関する情報をまとめます。

  • 活動が活発な時期:12月11日~12月17日頃
  • 極大日時:12月14日(木)16時頃
  • 最適な観測日時:12月13日22時~14日2時頃
  • 見えやすい方角:方角に関係なくよく見える

ふたご座流星群とは

ふたご座流星群は毎年12月14日前後に見られる、ふたご座付近を起点としたとした流星群です。

年間を通して規模の大きい代表的な流星群として挙げることができ、
しぶんぎ座流星群(1月)、ペルセウス座座流星群(8月)と合わせて年間三大流星群と呼ばれています。

ふたご座流星群は極大頃には1時間で30個程、
条件が揃えば60個程の流星群が見られます。

ではふたご座流星群を観察するポイントなどを見ていきましょう。

2017年のふたご座流星群の日時

時期

ふたご座流星群は12月5日~20日頃に出現しますが、
極大となる日時は12月14日で、この日の2~3日前後は活発な活動が見られます。

流星群を見る上で一番の妨げになるのは月の光ですが、
14日付近は新月に近く月の大部分が隠れていますし、夜は月が沈んでいるため、
今年は比較的良い環境で見ることができるでしょう。

時間帯

今年のふたご座流星群は14日16時ごろにピークを迎えますが、
空が明るいためこの時間帯には観測することができません。

なので、今年ふたご座流星群を観測するのに適した時間帯は、
ピークとなる前日13日の22時頃~14日2時頃です。

または14日22時~15日2時頃というのもおすすめ。

ふたご座流星群を観察する際のポイント

ふたご座流星群に限らず、星が綺麗に見えるためにはいくつか条件があります。

それが以下の気象や場所に関する5つの条件です。

  1. 晴れ
  2. 湿度が低い
  3. 月が出ていない
  4. 町明かりが少ない
  5. 空気が綺麗

雲や水蒸気、ほこり、明かりなどは星の光を遮るため、
これらを考慮する必要があります。

これらの中でも重要な月について解説していきます。

月明かりと方角

流星群を観察するのに最も妨げとなる要因が月明かりです。

そのため、月が出ている時期や時間帯を避けたり、
月の反対側を観察するのが重要となります。

しかし、2017年のふたご座流星群が極大となる数日後(12月18日頃)には新月となり、
14日頃は月明かりはあまりありません。

また、月は夜明けに出て昼~夕方に沈むため、
深夜の流星群の観察には影響を及ぼさないのです。

ちなみに、ふたご座は東の地平線から登ってきて、それ起点に放射状に流星が出現します。

ただし流星はあらゆる方角で同じくらい見られるので、
放射点の方角は気にせず月が見えない方向を眺めましょう。

月の出没時刻や方角については以下のページが参考になります。

観測に適した場所

続いて観察に適した場所についてですが、
前述した通り、明かりが少なく空気が綺麗な場所、そして空を見渡せる場所が好ましいです。

なので条件をまとめると以下のような場所で観察するといいでしょう。

  • 開けていて空が大きく見渡せる
  • 街頭など町明かりがない
  • 都心から離れており空気が綺麗

準備

ふたご座流星群は肉眼で十分見ることができますし、
広い視野で見渡すのが重要なので望遠鏡や双眼鏡はかえって邪魔になります。

ではなにが必要なのかというと、
空を長時間見上げるためにレジャーシートなど横になるためのものがあると重宝します。

また、また時期的にも時間的にも冷え込むことが予想されるので、
冷え込んだときのための上着、そして安全のため最低限周りを見渡すためのライトを準備しておきましょう。

あとがき

以上、2017年のふたご座流星群を観測する方法についてでした。

2017年はふたご座流星群を観測するのに、
比較的適した条件が揃っているといえるでしょう。

年間通して大規模な流星群が見られるチャンスなので、
ぜひこの記事を参考にして今年のふたご座流星群を観測してみてはいかがでしょうか。

関連記事

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA