花見の案内文の書き方のポイントと例文テンプレート【会社・自治体】

花見の案内文の書き方のポイントと例文【会社・自治体】花見の案内文の書き方のポイントと例文をご紹介します。

例文は会社で行う花見と自治体で行う花見についてです。

案内文を1から書き始めるのは中々難しいと思いますので、是非この記事を参考にして下さい。

スポンサードリンク

案内文を書く際のポイント

花見の案内文の書き方の基本は、他の案内文と同じで、
正確に情報を伝える事だ一番大事です。

では、伝えるべきことやポイントを記します。

・相手が参加の有無を自由に決定できる事
決して、無理に出席を強制するような内容はやめましょう。

また、
・花見を行う場所や日時の記載
・会費が発生する場合は、料金の記載

場所がわかりにくい場合や、例年とは異なる場所で行う場合は、
・地図の記載

では、花見の案内文の書き方特有のポイントとは何でしょうか?

それは、
“桜の開花時期に合わせた書き出しから文章をスタートさせる”
という事です。

桜の開花時期は、その年によっても、地域によっても異なるものです。
その為、桜の開花時期に合わせた季節感のある書き出しは、絶対に押さえておくべきポイントです。

また、通常の案内文よりも案内が届いてからの期間が短いのも、特徴的です。
桜の見ごろを考えながら日程を調整していると、どうしても送るのが遅くなってしまいがちです。

その為、通常の案内文よりも出席確認に当てる時間が、短くなってしまいます。

そこで、スピーディーに出席確認が行えるよう、
幹事の携帯電話の番号を記載するといった対応も、求められるでしょう。

花見の案内文の例文

これから、花見の案内文の例文を二つご紹介します。
一つは会社で行う場合の例文、もう一つは自治会で行う場合の例文です。

このようにシーンに合わせた文章を書くという事も、
花見の挨拶文を書く上でのポイントになるでしょう。

会社で行う場合

お花見開催のご案内
恒例のお花見会を、下記の要領で開催致します。
時節柄、公私ご多忙の事と思いますが、各自予定を調節してご参加下さい。

自治会で行う場合

花見の会のお知らせ
春光うららかな良い季節を迎え、皆様におかれましてはますますご清祥の事とお喜び申し上げます。
日頃皆様方には、自治会へのご理解、ご協力を賜り心よりお礼申し上げます。
今年も、満開の桜の下での花見の会を開催したいと存じます。
どなた様での参加できる花見の会となっているので、こぞってご参加下さい。


これらの文章の後に、
・日時
・場所
・会費

といった必要な情報を記載して下さい。

出席確認を取る場合は、
締め切りがいつまでなのか、誰に出席の有無を伝えればいいのかといった情報も、
忘れずに記載しましょう。

そして、出席確認が不要の場合は、
事前の申込が不要である旨を記載しておくと良いでしょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA