【2016年】びわ湖花火大会の日程と穴場スポット&おすすめホテル

びわ湖花火大会の日程や穴場スポット、花火が見えるホテルなど、詳細についてまとめました。

湖に反射する幻想的な花火はびわ湖花火大会でしか見ることが出来ないので非常におすすめです。

是非この記事を参考に2016年のびわ湖花火大会を楽しんで下さい。

スポンサードリンク

2016年びわ湖花火大会の概要

日程

2016年8月8日(月)

基本的に毎年8月8日に開催されていますが、
当日が土曜or日曜の場合はその前の日の金曜日に開催されます。

打ち上げ時間は“19時30分〜20時30分”です。

場所

会場は、滋賀県営の琵琶湖の沖。

打ち上げ場所は主に2箇所に分かれており、
『大津港』『大津プリンセスホテル』の沖400m辺りです。

見どころ

続いて、びわ湖花火大会の見どころについてです。

琵琶湖花火大会は年によって異なるプログラムが含まれ、
毎年凝った演出で来場者を楽しませてくれます。

総打ち上げ数は約1万発

その中でも琵琶湖花火の目玉といえば、
湖上で花火を爆発させる『水中スターマイン』です。

水面上を扇形に広がるカラフルな花火が湖に反射し、
そこに幻想的な風景が映し出されます。

フィナーレは圧巻の一言。

有料観覧席について

来場者数は約35万人とされており、非常に混雑しますが、
大津港の付近に有料観覧席が設けられているため、場所取りや人混みを気にせず、
絶好の位置で落ち着いて花火を見ることが出来ます。

まだ正式に発表されていませんが、
チケットの販売は7月1日から『滋賀県観光物産情報センター』や『チケットぴあ』等で販売される予定です。

一人分の値段が以下のとおり。

  • 前売り券:3900円(3歳以上)
  • 当日券:4400円(3歳以上)

すぐに売り切れてしまうので、
前売り券をできるだけ早く購入することをおすすめします。

定番スポット&穴場スポット

続いて、琵琶湖花火大会を大迫力で楽しむのにおすすめの定番スポットや、
人混みを避けてゆったりカップルや家族と見るのにおすすめの穴場スポットをご紹介します。

矢橋帰帆島公園

琵琶湖花火大会における定番スポットといえば、『矢橋帰帆島公園』です。

有名なので、穴場とはいえませんが、
花火までの距離が近いので迫力のある花火を楽しめますし、
シートを引いてゆったり観覧できます。

難点を強いて挙げるなら、
駅まで遠く、交通の便があまりよくないことくらいですね。

公園内に駐車場もありますが、
夕方頃には満車になりますし、帰りは特に混雑するので、
電車で行くのをおすすめします。

公園内の駐車場に止めても、花火が見れるところまで結構遠く、
何百mか歩かないといけません。

電車の場合、最寄りの駅は『南草津駅』で3.2Kmで徒歩40分近くかかりますが、
その分他の場所と比べると帰りの混雑も緩和されます。

車で行くなら、草津イオンモールなど他の駐車場で車を止めて、
そこから徒歩で矢橋帰帆島公園に向かうのをおすすめします。

びわこ競艇場

びわこ競艇場のスタンドは普段有料ですが、
花火大会当日はサービスとして無料で開放されています。

花火から近いので大迫力ですし、
2つの打ち上げ場所からの花火を両方同時に見ることが出来ます。

びわこ競艇場からの花火の様子です。

最寄り駅の『別所駅』は1Km弱で徒歩10分程度です。

夢見が丘・登仙台(比叡山ドライブウェイ)

少しだけ花火から離れますが、
比叡山ドライビングウェイの夢見が丘・登仙台の駐車場は、
交通の便もに良く車で行くのに最適です。

ドライビングウェイガイド

普通車で通行料840円とお手頃ですが、
ここは毎年、緊急車両も通れない程混雑するため、
2014年は夢見が丘・登仙台の駐車場利用に+5000円の料金を支払わなければならなくなりました。

もしかしたら2016年も料金が発生するかもしれないので、
それだけは頭に入れておきましょう。

夢見が丘は自動販売機・トイレが付いており利便性も良いのですが、
駐車場の容量が140台としかないので夕方には駐車場が満車になってしまいます。

『値段』と『駐車場の容量』の問題だけ注意しましょう。

比叡山山頂

比叡山山頂も、車で行くなら比叡山ドライビングウェイを利用しますが、
通行料金は1670円と少し高くなります。

景観としては、両方の打ち上げ場所の花火が見えますし、
上から見下ろすので、琵琶湖ならではの水面に反射する花火が一段と綺麗に映えます。

山頂からの花火の様子です。

湖岸緑地

穴場スポットといえば、『湖岸緑地』もおすすめ。

花火から少し離れているのい分人も少ないですし、
湖が見渡せるので花火を快適に観覧することが出来ます。

ただし、最寄り駅の『草津駅』からは5Km以上離れていますし、
駐車場の数も限られているので早く行かないといけないなど、
注意点もあります。

花火が見えるホテル

続いて、花火が見えるホテルについてご紹介していきます。

ホテルは値段は少し高くなりますが、
恋人と一緒に見るには最適な選択ですね。

基本的にびわ湖花火大会当日は通常のプランの予約は承っていないところが多く、
HPにも詳しい情報が無いものもあるので、ホテルに直接問い合わせるのが一番早くて正確です。

琵琶湖ホテル

一番花火から近く、大迫力の花火を鑑賞できますが、
非常に人気で中々予約をとることが出来ないので、
早めに問い合わせましょう。

4月1日から予約が始まっており、
予約は電話しか受け付けていません。

詳細はこちら
公式HP

琵琶湖ホテルからの花火

ホテルブルーレーク大津

次に近いのが『ホテルブルーレーク大津』です。

公式HP

大津プリンスホテル

大津プリンスホテルも花火から近いので、とても人気です。

当日の予約はこちら。
公式HP

びわこの千松

ホテルではないのですが、
宿泊なら旅館『びわこの千松』もおすすめです。

公式HP

あとがき

以上、2016年の琵琶湖花火の日程、穴場スポット、宿泊ホテル等の情報についてでした。

琵琶湖花火大会は打上数1万発、来場者35万人と、国内でも規模が大きい上に、
湖の上で行うという他では見られない花火が見れます。

まだ行ったことがないのであれば、
是非これを機に2016年は行ってみてください。

ただし、びわ湖花火大会のような大規模の花火を見る場合、
当然事前の準備を怠ってはいけません。

  • 観覧場所の候補の決定
  • 行き帰りのアクセスの調査(一番混雑する浜大津駅を避けたり、帰りの切符はあらかじめ買うなども)
  • トイレの場所の確認
  • 人とはぐれた時の合流地点を決める

最低でもこれくらいはしておきましょう。

是非この記事を参考に2016年のびわ湖花火大会を楽しんで下さい。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA