【2017年】隅田川花火大会の日程と穴場スポット&アクセス地図

打ち上げ総数2万発以上、来場者数約100万人にも及ぶ国内でも最大規模とも言える隅田川花火大会について詳しく情報をまとめました。

特にそれくらいの規模となると人混みが凄いため、落ち着いて花火を眺めるには穴場スポットを知っておかないといけません。

そこでこの記事では特に穴場スポットをたくさんまとめたので、是非参考にしてみてください。

スポンサードリンク

2017年の隅田川花火大会の概要

日程

2017年7月29日(土)19:05~20:30

隅田川花火大会は毎年7月の最終土曜日に行わます。

小雨の場合は決行しますが、
雨風がひどい場合には翌日30日(日)に延期する見込みです。

場所

会場は東京都墨田区の隅田川沿いで、2つの会場に分けて開催されます。

第一会場は『桜橋下流~言問橋上流』
第二会場は『駒形橋下流~厩橋上流』

第一会場の花火打ち上げ場所の地図

 

第二会場の花火打ち上げ場所の地図

隅田川花火大会の特色

他の花火大会にはない墨田花火ならではの特色といえば、
主に以下の3つが代表的です。

  1. 2つの会場
  2. 100万人近い規模
  3. スカイツリーとのコラボレーション

橋を挟んで少し離れた2つの地点から花火が打ち上げられ、
会場が2つに分けられているのが隅田川花火大会の大きな特色です。

第一会場、第二会場ともに約1万の花火が打ち上げられるので、
総打ち上げ数は2万発以上です。

移動することで2つとも見ることも出来ますし、
場所によっては同時に両方の花火を見ることも出来ます。

また、近年できたスカイツリーのライトアップとのコラボレーションも楽しめます。

2つの花火の様子です

2014年のフル映像

隅田川花火大会は例年100万人近い規模の来場者で賑わうので、
近くの橋は一方通行で立ち止まることが出来ません。

まさに、祭りという雰囲気を味わうことができるので、
それも人によっては醍醐味の一つですね。

橋の上はこんなに混雑しています

定番スポットと穴場スポット

続いて、隅田川花火大会の定番スポットと穴場スポットをご紹介します。

1.言問橋近く

言問橋の近く。

第一会場の花火に最も近く、最大の鑑賞スポットといえますが、
場所取りが非常に厳しく、何日も前から決行する人もいます。

2.隅田公園

ここも第一会場の花火から近い定番スポット。

花火を大迫力で楽しむことが出来ますが、
その分場所取りが熾烈になります。

 

 

3.桜橋-白鬚橋間の高速道路下

桜橋と白鬚橋の間にある高速道路の下です。

当日は18時から交通規制されるので、ここから第一会場の花火を見ることが出来ます。

前述した2つよりも場所は少し離れますが、
場所取りは少し穏やかになるはずです。

4.浅草小学校横の公園

浅草小学校横にある公園も花火を見るのに絶好のポジション。
浅草駅から300m離れた所にある浅草小学校横の公園です。

第一会場の花火から近い位置ですし、スカイツリーをバックに楽しめます。

浅草駅からのルート

5.水戸街道

人混みから開放されたい場合は水戸街道がおすすめ。

ここも18:00から交通規制のため歩行者しかいませんし、
橋から離れて若干人が減り楽になるはずです。

特に水戸街道の5丁目バス停あたりが穴場だと言われています。

6.大横川親水公園

少し離れますが、大横川親水公園も穴場スポットです。

『とうきょうスカイツリー駅』から徒歩4分で着きます。

ルート地図

7.白鬚橋

白鬚橋まで花火から離れると混雑がだいぶ解消されます。

また、他の橋が歩行者の一方通行なのに対し白鬚橋は橋を行き来可能なのもポイントです。

8.浅草寺

近場の割に混雑が比較的楽なのが浅草寺です。

境内で食べ物を買ってゆったり見るのに最適ですね。

早めに現地に赴いて場所を確保しましょう。

浅草駅から徒歩6分でアクセスできます。

9.汐入公園

白鬚橋よりもう少し離れた位置にある汐入公園も穴場スポットです。

花火から結構離れているので少し迫力に欠けますが、
人混みが少なく落ち着いて見れます。

恋人とゆったりと見るにはおすすめのスポットです。

南千住駅から徒歩15分

こんな見え方です。


さて、今までは第一会場の花火を見るのにおすすめの定番スポット・穴場スポットでしたが、
今度は第二会場の花火を見るのにおすすめのスポットについて説明していきます。

10.本所3丁目交差点

最近、隅田川近辺には高い建物が多くなり、
花火近くのビル街ではよく花火が見えないことが多いですが、
このあたりは比較的見えるとの情報が多いです。

少し離れているんで人混みもマシになります。

11.両国橋

第二会場花火に一番近い橋『駒形橋』と『厩橋』は尋常じゃないほどの人混みで、歩行者一方通行です。

それに対し両国橋くらい離れると若干マシになり、
橋の行き来ができるようになります。

両国橋から花火の見え方

12.両国国技館周辺

第二会場花火から少し離れた両国国技館周辺は人が比較的少ない方なので、おすすめです。

ただ、花火から離れているというのもありますが、
周りの建物が障害となるのでこれまで挙げてきたものよりは見難くなります。

13.タワーホール船堀

江戸川区にある『タワーホール船堀』という建物に入場料無料の展望台があります。

だいぶ離れているので花火は小さく見れますが、
完全に穴場スポットで、カップルや小さな子どもが一緒の場合はおすすめです。

船堀駅から徒歩4分

スポンサードリンク

あとがき

以上、2017年の隅田川花火大会の日程などの詳細と穴場スポットについてでした。

隅田川花火大会は約100万人もの規模なので、
落ち着いて見るにはあんまり向かない花火大会ですね。

もし隅田川花火大会に行く予定なら、あらかじめしっかり準備しておくことが必要があります。

  • 観覧場所の候補の決定
  • 行き帰りの下調べ(浅草駅を避けたり、帰りの切符はあらかじめ買うなども)
  • トイレの場所の確認
  • 人とはぐれた時の合流地点を決める

最低でもこれくらいはしておかないと安心できません。

是非この記事を参考に隅田川花火大会を楽しんで下さい。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA