【2019年GWカレンダー】今年のゴールデンウィークはいつからいつまで?10連休の詳細

2019年のゴールデンウィークについて、いつからいつまでなのか?また、何連休になるのか?などを4月・5月のカレンダーを使って詳しく説明していきます。

企業によってはほとんど休めないところもあるかもしれませんが、今年は祝日が10連休という大型GWの年です。

ゴールデンウィークの予定を立てるためにも是非この記事を参考にして下さい。

2019年のゴールデンウィークはいつからいつまで?

今年は4月27日(土)~5月6日(月)が休日(祝日)となるので、一般的なGWは10連休です。

例年なら「4月30日」「5月1日」「5月2日」は平日なのですが、今年は皇太子さまの即位・改元のため5月1日が祝日になります。

そして祝日法では、「前日および翌日が『国民の祝日』である日は休日とする」と定められているので、4月30日・5月1日も休みになるのです。

GWの詳細は以下の通り。

2019年のGWの詳細
  • 4月27日:土曜日
  • 4月28日:日曜日
  • 4月29日:昭和の日
  • 4月30日:休日(祝日に挟まれるため)
  • 5月1日:皇太子さま即位・改元のための祝日
  • 5月2日:休日(祝日に挟まれるため)
  • 5月3日:憲法記念日
  • 5月4日:みどりの日
  • 5月5日:こどもの日
  • 5月6日:振替休日

ただし、5月1日が祝日になるのは今年2019年だけなので、これほどの連休になることは今後しばらくないでしょう。

来年からはまた4/30~5/2は平日となる見込みです。

また2018年までは12月23日は『天皇誕生日』で祝日でしたが、これからは2月23日が『天皇誕生日』となります。

GWの祝日の意味

最後に、GWやGW前後の祝日の意味について軽く説明します。

昭和の日、憲法記念日、みどりの日、こどもの日など、 国民の祝日について、きちんと意味を知っている人は少ないのではないでしょうか。

  • 昭和の日(4月29日):昭和天皇の誕生日。2007年に制定。
  • 憲法記念日(5月3日):憲法が制定されたのを記念する祝日。
  • みどりの日(5月4日):自然にしたしみ、感謝し、豊かな心を育むための祝日。2006年までは4月29日がみどりの日だったが、2007年から昭和の日が4月29日になった代わりに5月4日がみどりの日と定められた。
  • こどもの日(5月5日):こどもの人格を重んじ、幸福を図るための祝日。1948年に制定。

それぞれの詳しい説明は以下をご覧ください。

昭和の日・みどりの日とは?意味や由来・日付を変更した経緯について

こどもの日(端午の節句)の意味や由来|兜やこいのぼりは何故飾るのか?

あとがき

以上、2019年のゴールデンウィークの休みについてでした。

今年は一般的な休みは10日間もあるので、帰省や旅行にはよい機会です。

サービス業なんかはGWはかえって忙しくなりますが、多くの人は1年に1回の大型連休なので 有意義に使うためにも余裕を持って計画を立てましょう。

ちなみに、GWの銀行や郵便局の営業時間についてもまとめているので、ぜひこちらもご確認ください。

【2019年GW】各種銀行・郵便局の営業日一覧(窓口・ATM)

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。