【2020年】スポーツの日(体育の日)はいつ?オリンピック延期の影響はどうなるのか

「スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう」

そういった趣旨のもと制定された、国民の祝日「スポーツの日(去年まで体育の日)」についです。

例年は10月の第2月曜日でしたが、今年はオリンピックの影響で7月24日(金)に変更されました。

しかしオリンピックが延期になったので、それに伴う祝日はどうなるのかを説明していきます。

2019年の体育の日

結論から言うと、今年のスポーツの日は7月24日(金)です。

つまり、オリンピックが延期になっても祝日の日にちは変更された日付通りということ。

他にもオリンピックの影響で「海の日」や「山の日」の日にちも変更されましたが、これも予定通りの日付です。

  • 海の日7月第3月曜日⇒7月23日(開会式前日)
  • 体育の日(今年から「スポーツの日」)10月第2月曜日⇒7月24日(開会式)
  • 山の日8月11日⇒8月10日(閉会式)

ちなみに、これらの祝日はオリンピックの今年だけの予定だったので、来年以降はオリンピックがどうなるかにもよりますが、基本、例年通りの日にちに戻ります。

ただし、今年から名称が「体育の日」から変更した「スポーツの日」ですが、名称自体は今後も「スポーツの日」のままです。

続いて、スポーツの日(体育の日)の由来などを解説していきます。

体育の日の由来・制定の経緯について

体育の日の制定のきっかけとなったのは、1964年10月10日に開かれた“東京オリンピック”です。

東京オリンピックが開かれた日を記念日にしようということで、2年後の1966年から10月10日は国民の祝日「体育の日」となったのです。

ちなみに、夏季オリンピックが10月に開かれたのは、天候の懸念のためです。

当時、開会式は絶対に晴れる日にしたいということで、秋晴れの10月が選ばれました。

そして日にちに関しては東京で晴天の確率が高い日(晴れの特異日)は10月15日でしたが、この日は木曜日なので、次に確率が高い10日(土曜日)が選ばれたというわけです。

体育の日の意味

現在の体育の日は、「スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう」ということを趣旨としています。

スポーツ施設では料金が割引になったり、各地でスポーツに関するイベントや運動能力テストなどが行われたりします。

また、“スポーツの秋”という言葉もありますが、この言葉の由来は体育の日ではないかと言われています。

明確な記録はありませんが、体育の日が制定された時期から言われるようになったらしく、「秋=スポーツ」という印象が持たれるようになった一因であることは間違いありません。

あとがき

以上、体育の日の日にちや由来・経緯についてでした。

今回の内容をまとめると以下のとおりです。

  • 2020年から体育の日はスポーツの日へと変更
  • 2020年はオリンピックの影響で7月24日に変更(オリンピック延期でも日にちは予定通り)
  • 体育の日の由来は1964年10月10日開催の東京オリンピック
  • 2000年よりハッピーマンデー制度で10月10日から10月の第2月曜日に変更
  • 体育の日はスポーツにしたしむ日であり、各地で色んなイベントを行っている
  • スポーツの秋の由来と言われている

ちなみに他の祝日についてもまとめているので、ぜひこちらもご覧ください。

2020年(令和2年)国民の祝日一覧カレンダー