「俯瞰」の意味・読み方・使い方|「俯瞰で見る」「上から俯瞰する」は誤り?

『俯瞰』はあらゆる場面で用いることができる単語です。

しかし日常生活において頻繁に使う言葉でもないため、今まで聞いたことがないという人も一定数いるでしょう。

そこで今回、『俯瞰』の意味や使い方について詳しく解説していきます。

『俯瞰』の概要

  • 読み:ふかん
  • 意味:高いところから見下ろすこと、大局的に見ること
  • 使い方1:「町を俯瞰するために展望台に行った」
  • 使い方2:「社会を俯瞰して自分の役割を把握する」
  • 類語:鳥瞰、下瞰
  • 対義語:仰望、仰視(地上から高いところをあおぎ見ること)

『俯瞰』の意味

『俯瞰』はうつむ く」という漢字と「見下ろす」という意味の「瞰」という漢字からなります。

「瞰」自体に「見下ろす」という意味があるため、『鳥瞰』『下瞰』『瞰視』『瞰下』など「瞰」がつく熟語はだいたいどれも似たような意味となり、上から下を見るというニュアンスです。

「(物理的に)上から見下ろす」という意味だけでなく、「上から眺めて広い範囲を目に入れる⇒大局的に見る、広い視野で捉える」という抽象的な意味で使われることも多いです。

「物事を俯瞰的に考える」というように「俯瞰的」という言葉もよく使われますが、この場合ほとんどは後者の大局的という意味合いで使われます。

『俯瞰』の使い方

つづいて『俯瞰』の使い方

『俯瞰』を含む単語

俯瞰を単独で使うことが主ですが、このような単語として使われることもあります。

  • 俯瞰図:上空から斜め下に地上を見下ろして描いた図。 鳥瞰図ちょうかんず
  • 俯瞰撮影:被写体を上から見下ろして撮影すること。
  • 真俯瞰:ちょうど垂直の角度に見下ろすこと。

『俯瞰』を含む例文

『俯瞰』はどのように使うのか、例文で紹介します。

以下は物理的な意味合いでの『俯瞰』の例文です。

  • 「ビルの屋上へ行き家々を俯瞰する」
  • 「街の様子はドローンで俯瞰すればわかる」
  • 「ヘリから撮った写真を用いて俯瞰図を作成する」
  • 「小さい模型を俯瞰撮影する」

「大局的に見る」という意味合いでの『俯瞰』の例文は以下の通り。

  • 「有意義な生涯を送るコツは、人生を常に俯瞰することだ」
  • 「今何をすべきかは、プロジェクトを俯瞰的に考えれば明らかになる」
  • 「あのチームの穴はこの前の試合を俯瞰すれば分かる」
  • 「受験で失敗しないためには、自分の能力を俯瞰して弱点を直すのが先決だ」

哲学やビジネス、スポーツ、勉学など、あらゆるシーンにおいて使われる言葉です。

「俯瞰で見る」や「上から俯瞰する」は重複表現

「俯瞰で見る」や「上から俯瞰する」というような使い方をする人がいます。

しかし『俯瞰』自体に「上から見る」という意味合いが含まれるため、これに「上」や「見る」という言葉を重ねるのは重複表現(二重表現)となるため間違いです。

「馬から落馬する」や「日本に来日する」「あらかじめ予約する」などと同様。馬以外から落馬したり、日本以外に来日したり後から予約できないように、上以外から俯瞰することはできませんし、見ることなしに俯瞰することはできないのです。

少なくとも「俯瞰する」で通用する以上、「上から俯瞰する」「俯瞰で見る」という表現は回りくどい言い方となり好まれないので、あまり使わないほうがいいでしょう。

  • ×俯瞰で見る
  • ×上から俯瞰する
  • ○俯瞰する
スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。