【土用の丑の日とは】2021年はいつ?ウナギを食べる意味や由来をご紹介

2021年夏の土用の丑の日は7月28日(水)です。土用の丑の日は年によって1回だけのときと2回のときがありますが、今年は1回だけあります。

土用の丑の日は各季節にあるのですが、2021年のそれぞれの日にちをまとめると以下の通り。

2021年の土用の丑の日
  • 冬:1月17日、1月29日
  • 春:4月23日
  • 夏:7月28日
  • 秋:10月20日、11月1日

うなぎを食べる日として有名な土用の丑の日。

四立(立春・立夏・立秋・立冬)前の約18日の期間を土用といい、その期間に12周期で巡ってくる干支の丑の日にあたるのが土用の丑の日です。

今回、土用の丑の日に関するさらに詳しい情報、うなぎを食べる由来などを解説していきます。

「【土用の丑の日とは】2021年はいつ?ウナギを食べる意味や由来をご紹介」の続きを読む…

【2021年】春分の日にちはいつ?意味や由来・日照時間について

春分の日は昼夜の時間がほぼ等しく、日照時間が約12時間になるという特徴的な日ですが、年によって日付が変わるという厄介な点があります。

春分の日に関して、なぜ昼夜の時間が等しくなるのか、春分の日にちはどのように定められているのか、気になる人も多いのではないでしょうか。

今回は2021年の春分の日付に加え、これらの疑問について徹底的に解説していきます。

「【2021年】春分の日にちはいつ?意味や由来・日照時間について」の続きを読む…

【2021年】春・秋のお彼岸はいつ?彼岸入り~明けの期間

毎年春・秋の2回お彼岸はありますが、年によって若干日にちがズレるため、ややこしいと感じる人も多いと思います。

お彼岸の期間がどのように定められているのか、なぜ年によってズレが生じるのか。

2021年の春のお彼岸・秋のお彼岸の期間と合わせて解説していきます。

「【2021年】春・秋のお彼岸はいつ?彼岸入り~明けの期間」の続きを読む…