意外と知らない!退職願・退職届・辞表の違いは?

意外と知らない!退職願・退職届・辞表の違いは?会社を辞めるときに必要となるのが、退職届や辞表、それに退職願ですが、これらは同じような内容だと思われがちです。

しかし、こうした3種類の書類や違いについて知っておかないとトラブルになってしまうので、提出するときには気をつけておきましょう。


スポンサードリンク

退職願・退職届・辞表の概要

退職願

退職願とは、勤めている会社へ退職を依頼するためのもので、
会社を辞めたいという意思を伝える役目があるのですが、
受け取った会社は退職を拒むことができず、承認しなければいけません。

またどのような理由であれ、勤めている人が願い出るという姿勢のため、
一般的に会社を辞めたいときは退職願が適しているのです。

退職届

退職届は勤めている会社に退職を届け出るものになっており、
退職するという意志が決まっている人が、
「会社に対して退職します。」
と言い切る形になります。

しかし退職届は最終的な意思表示になるため、
特別な事情が無い限り撤回することができません。

辞表

辞表は“公務員”“役職がある人”が辞めるときに提出するものなので、
一般企業に勤めていて役員ではない人は提出することがありません。

それぞれの違い

それぞれの説明で違いはある程度わかったかもしれませんが、
次はそれぞれの比較をして明確に違いを説明します。

退職願と退職届の違い

退職願と退職届の大きな違いは、
退職願:退職したいと願い出る書類
退職届:決定している退職を届け出る書類

読んで字のごとくお願いすることと届けることが違いなのです。

簡単に噛み砕いていえば、
退職願:何月何日に会社を辞めさせてください
退職届:何月何日に会社を辞めます

ということです。

また、
退職願:撤回することができる
退職届:撤回できない

これも両者の違いで、これを間違えてしまう人が多くいますので、
ポイントとして覚えておきましょう。

辞表と退職願・届の違い

辞表との違いですが、
辞表は公務員や役員が退職願や退職を届け出る書類として提出するものなので、
役員や公務員ではない人は辞表を提出することが無いという違いです。

あとがき

会社を辞めたいと思っている人は、
こうした3種類の書類や違いについて知っておかないとトラブルになってしまうので、
提出するときには気をつけておきましょう。

また書類の書き方や提出するタイミングなども知っておくと、
退職までがスムーズになりますので、遠回りしなくてすむように知っておいてください。

勤めている会社によっては、書類やフォームを用意していることもあり、
自分で作った書類では受理されないこともありますので、上司などに確認してみると良いでしょう。

会社を辞めることは大きな決断になりますが、
最後は気持ち良く退職できるように良い書類を作成して提出してください。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA