明日使えるネタを提供します

インフルエンザ2014年 流行状況、警報・注意報の情報

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 251

インフルエンザ

インフルエンザの流行状況や警報の情報を知る方法です。

インフルエンザの流行の状況を知っておく事は、インフルエンザの予防に重要なことなので、その情報を常にチェックしましょう。

スポンサードリンク


インフルエンザの流行情報が載っているサイト

MLインフルエンザ流行前線情報DB

image
全国の有志の医師による、インフルエンザの報告を、
上記サイトの管理人の方がまとめたものです。

視覚的に分かりやすいように、
都道府県ごとに流行度合いに合わせて色分けされているので、
とても分かりやすいです。


ただし、公的なものでは無いのでご了承ください。

厚生労働省ホームページ

厚生労働省が発表している、
インフルエンザの流行状況の報告がPDFにまとめられています。

1週間おきにデータが更新され、
公的なものなのでデータ数も豊富で、
信憑性が高いです。

ただし、図ではなく、表でまとめられていて、
数字がズラーっと並べられているだけなので、
上のサイトほど見やすくはありません。

ちなみに・・・

 

上のサイトでもそうですが、
インフルエンザの流行を表す指標として“定点当たり”という言葉が、

よく使われます。

 

この“定点当たり”というのは、

全国にある医療機関の中から無作為に選ばれた、

“定点医療機関”の報告数の平均の値です。

 

この値は、ある任意の都道府県の定点当たりの値と、

全国の定点当たりの値を比較することで、

その県の値が全国的に高いのか低いのかを判断できます。

 

インフルエンザの警報、注意報情報が載っているサイト

まず、警報・注意報とは、
過去のデータから、インフルエンザの発症状況の基準を設けており、
その基準を超えた場合、各保健所ごとに警報・注意報が発令されます。

インフルエンザ流行レベルマップ
 
警報・注意報を、
都道府県ごとにレベルに合わせて色分けされていて、見やすいです。

また、データも公的なものなので、
信憑性があります。

あとがき

今回、この記事を書いた理由として、

インフルエンザの流行状況の情報の需要はあるはずですが、
中々検索しても目的のサイトが見つからなかったため、
記事にしてまとめてみました。

インフルエンザは命に関わる病気なので、
少しでも誰かの役に立てば幸いです。

また、その他のインフルエンザの情報について。

インフルエンザの予防接種に関する情報はこちら。
インフルエンザ2014 予防接種の間隔・料金・効果

インフルエンザの詳しい情報、予防接種以外の予防法はこちらの記事をご覧下さい。
2014年インフルエンザ 初期症状・潜伏期間・感染予防・対策





スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る