明日使えるネタを提供します

インフルエンザ2014年 予防接種の間隔・料金・効果

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 257

予防接種

インフルエンザの予防接種の情報です。

インフルエンザの予防接種を複数回受ける意味は?
複数回受ける場合の間隔は?
予防接種の料金は?
予防接種の効果は?

以上のことについて書いています。


スポンサードリンク


予防接種を複数回受ける意味

そもそも予防接種を複数回受ける意味は、
予防接種でインフルエンザの免疫が出来始めた時に、
もう一度予防接種をすることでさらに免疫力を補強することができます。

大人は1回でも十分なインフルエンザウイルスの免疫力を上げることができますが、
子供、幼児ははまだ基礎免疫が少ないので、複数回受けることをおすすめします。

また、予防接種の効果は免疫が出来始めてから2~3ヶ月までですが、
間隔をあけて複数回、予防接種を受けることで、予防接種の効果も長く持続します。

予防接種の間隔

予防接種を受けてから免疫が出来始める4週間までに、
2回目の予防接種を受けると効果があるといわれています。

特に3~4週間の間隔が一番効果があります。

また、規則として最低でも1週間は間隔を開けないといけません。

予防接種の料金

インフルエンザの予防接種は保険の適応外なので、
料金はそれぞれの病院によって任せられています。

大人の料金として、3000円前後が相場で、
子供、高齢の方は低めの料金に設定しているところが多いです。

中には、子供に対し、
無料で予防接種をしてくれる病院も見られます。

また、2回目の予防接種の割引も多くの病院で実施されています。

予防接種の効果

よく勘違いされますが、
予防接種の効果には大きく分けて、2種類の効果があります。

  • 発症を予防する

一般的に知られている効果です。

大人は、
1回目の予防接種で64%の予防効果
2回目の予防接種で94%の予防効果

こういうデータがあります。

  • 重症化を予防する

インフルエンザを発症したとしても、
重症化するのを予防する効果です。

例え予防接種を受けたのにインフルエンザを発症したとしても、
決して予防接種が無駄になったということではありません。

これを勘違いしている人は多いですね。

あとがき

インフルエンザは、予防接種だけでは、
完璧に予防することはできません。

インフルエンザについて正しい知識を身につけて、
正しく予防しましょう。

インフルエンザの詳しい情報、予防接種以外の予防法はこちらの記事をご覧下さい。
2014年インフルエンザ 初期症状・潜伏期間・感染予防・対策

インフルエンザの流行状況、警報・注意報をいち早く情報を知る方法はこちら。
インフルエンザ2014 流行状況、警報・注意報の情報

インフルエンザの検査を病院で受けるタイミングはこちら。
インフルエンザ2014 簡易検査のタイミング





スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る