明日使えるネタを提供します

2014年インフルエンザ 初期症状・潜伏期間・感染予防・対策

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 411

インフルエンザ

2014年のインフルエンザについての情報を書いていきます。

毎年この時期になると全国で患者が急増するインフルエンザですが、毎年インフルエンザが原因で死亡する人は、1万人を超えると言われております。

この記事をきっかけに、正しい知識を身に付け、インフルエンザに備えましょう。

スポンサードリンク


インフルエンザの初期症状

インフルエンザの初期症状は、

・38度以上の高熱
・体の節々の痛み
・筋肉痛
・倦怠感
・全身の悪寒
・頭痛
・吐き気
・下痢
・呼吸困難
・咳、痰、くしゃみ

など、様々です。

インフルエンザと風邪の体感的な違い

インフルエンザは早期の自覚が大事に至らない鍵となるのですが、
ただの風邪と勘違いしてしまい、症状が悪化してしまうことがよくあります。

なので、インフルエンザと風邪との違いを記述します。

■急な高熱
風邪の場合、じわじわ熱が高くなりますが、
インフルエンザの場合“急に”38度を超える高熱に犯されます。

■全身の症状
風邪の時よりも顕著に“全身の症状”
痛み、だるさ、筋肉痛が現れます。

■呼吸器系の症状は少ない
咳やくしゃみ、鼻水などの呼吸器系の症状は、
風邪に比べて現れにくいです。

これらの症状を認識したら、すぐに病院に駆けつけましょう。

インフルエンザでも、高熱がでない症例もあるので、
熱以外でも、少しでも怪しいと思ったらまずは病院へ。

インフルエンザの潜伏期間

インフルエンザで怖いのが、潜伏期間でも感染するということです。

症状があらわれていなくても、他人に感染させる恐れがあるので、
知人に感染者が現れたら、注意が必要です。

インフルエンザの潜伏期間は、

通常、『1日~3日』

長い場合、『1週間程度』

つまり、あなたが知人のインフルエンザ発症前1週間の閒に接触したなら、
あなたも感染している可能性があります。

インフルエンザの感染経路

インフルエンザの感染経路は、

・咳、唾などの飛沫感染
・空気感染
・接触感染

です。

飛沫感染が主とされていますが、
他にも感染経路がありますので、
マスクをしているからといって安心はできません。

インフルエンザの感染予防・対策

インフルエンザを予防する方法として、
主に2つにの方法に分類されます。

■インフルエンザウイルスと接触しない
この時期は常にマスクをして、
うがい手洗いを心がけましょう。

さらに、インフルエンザウイルスは乾燥を好むので、
乾燥するこの季節ですが、湿度を保つのが大事です。

湿度はウイルスが活動しにくい環境である、50%~60%をキープしましょう。

特に、暖房機器を付けると乾燥を促進してしますので、
常に暖房機器と加湿器はセットにしましょう。

■自分自身の免疫力を高める
インフルエンザに感染するということは、
自分の免疫力がインフルエンザウイルスに負けてしまうということです。

睡眠をしっかりとって前日の疲れは取り、
栄養バランスに気を遣い、規則正しい食習慣、生活リズムを心がけましょう。

まとめますと、

・うがい手洗い
・マスク
・50%~60%の保湿
・きっちり睡眠を取る
・栄養バランスに気を遣う
・規則正しい食習慣
・一定の生活リズム

これらを気にかけましょう。

あとがき

僕自身経験がありますが、
一番気を使わないといけない対象となるのが“受験生”でしょう。

センター試験とインフルエンザがちょうどかぶるので、
勉強のことよりも“インフルエンザにかからない”というのは大前提の話なので、
特に受験生を子に持つ親御さんは気にかけてあげましょう。

僕自身そうでしたが、
本人は、勉強のことしか頭にないので、
予防接種だけで安心せず、第三者が意識づけてあげてください。

特にマスクは必須です。

↓今ではこんなファッション性を重視したものもあるので、 必ずつけましょう。

インフルエンザの予防接種に関する情報はこちら。
インフルエンザ2014 予防接種の間隔・料金・効果

インフルエンザの流行状況、警報・注意報をいち早く情報を知る方法はこちら。
インフルエンザ2014 流行状況、警報・注意報の情報

インフルエンザの検査を病院で受けるタイミングはこちら。
インフルエンザ2014 簡易検査のタイミング





スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る